失敗を恐れなくなったきっかけ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

有名な科学者のお話をご紹介しましょう。

この科学者はこれまで、医学分野においていくつもの飛躍的な成果をあげてきました。

ある新聞記者が彼にインタビューして尋ねました。

「博士のずば抜けた創造力はどうやって培われたのですか」

その質問に対する科学者の答えはこうでした。

すべて、私が5歳のときに母から学んだ教えがもとになっていると思います。

まだ小さかった私が、大きなミルクビンを冷蔵庫から出そうとした時のことでした。

つるっと手が滑り、ビンがキッチンの床に落ちてしまいました。

文字通り、床はミルクの海と化しました。

キッチンに入ってきた母は、怒鳴りつけたり、説教をする代わりに、こう言ったのです。

「ロバート。はでにやってくれたわね。

でも、こんなにすごいミルクの海なんて、めったにお目にかかれないわ。

起こってしまったことはもう元に戻せないから、このミルクの海でしばらく遊ぶ?

後で、一緒に片付ければいいわ」

そして、本当に私は母とミルクの海で遊びました。

しばらくすると、母はこう言いました。

「ねえ、ロバート。

こんなふうにいっぱい汚しちゃったときはね、お掃除してキレイにするのよ。

スポンジとタオルとモップのどれを使う?」

私はスポンジを選び、母と一緒にこぼれたミルクを掃除しました。

掃除が終わると、母がまたこう言いました。

「いい?さっきはね、小さな手で大きなビンを運ぶ実験に失敗したってことなの。

さあ、裏庭に行ってビンにお水を入れましょう。

どうしたら、ビンを落とさずに運べるか、試してみるのよ」

幼い私はこの実験から、大きなビンであっても、両手で口のところを持てばちゃんと運べることを発見しました。

この有名な科学者は、これ以来、失敗を恐れなくなったと言います。

同時に、失敗とは、何か新しいことを学ぶきっかけに過ぎないことを知りました。

これこそ、科学実験の真髄です。

もし仮に実験が不成功に終わっても、重要な何かを学べるわけですから。

世の中のすべての両親が、この科学者の母親のように子どもと接することができたら、どんなに素晴らしいことでしょう。

10599337_893363890688717_7706964344958119043_n

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存