また会える日を信じる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

嬉しい気持ちをくれるのも

寂しい気持ちをくれるのも同じ人。

嬉しいや楽しい気持ちが多いほど

寂しさもまた同じように深くなる。

だからいつも楽しい日の終わりは切ない。

その後の寂しさに慣れる事はない。

また会える日があるから

その寂しさに耐える事が出来る。

また会える日を信じる。

1528485_461709867268252_1513015079_n

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存