トルコ人の恩返し

スポンサーリンク
スポンサーリンク

オリンピック誘致でも、親日ぶりで話題の

トルコ共和国ですが、その歴史のうらには
明治の日本人の献身的な行動力があったようです

——————–
イラン・イラク戦争が始まった1985年3月17日、

あのサダム・フセインが

「今から40時間以後は、

イラクの上空を飛ぶ飛行機を打ち落とす」

ということを世界に向かって発信した。

イランに住んでいた日本人は、

慌ててテヘラン空港に向かったが

どの飛行機も満席で乗ることができなかった。

世界各国は自国民の救出をするために救援機を

出したが日本政府はすばやい決定ができなかった。

空港にいた日本人は、パニックに陥った。

そこに1機のトルコ航空の飛行機が到着した。

トルコ航空の飛行機は日本人216名全員を乗せて、

成田に向かって飛び立った。

タイムリミットの、1時間15分前であった。
なぜ、トルコ航空機が来てくれたのか、

日本政府もマスコミも知らなかった。

この時、元駐日トルコ大使の

ネジアティ・ウトカン氏は次のように語られた。
「エルトゥールル号の事故に際して、

日本人がなしてくださった献身的な救助活動を、

今もトルコの人たちは忘れていません、と。

————————–
[エルトゥールル号の事故とは]

1890年(明治23年)9月16日夜、

オスマン帝国(現在のトルコ)の軍艦

エルトゥールル号は親善訪日使節団として

訪日の帰路、台風による強風にあおられ

紀伊大島の樫野崎の岩礁に激突し沈没してしまった

これにより、司令官オスマン・パシャをはじめ

600名以上が海へ投げ出されてしまう、

そのなかで、樫野埼灯台下に流れ着いた生存者が

断崖を這い登って灯台守に助けをもとめた。

その時、大島村樫野(現在の串本町)の村人たちは

村総出で救助をして生存者の介抱をした。

負傷者を自分の体温で温め、

濡れた衣服を自分たちの着物に着換えさせ

食糧が乏しいのにもかかわらず、卵やサツマイモ、

それに非常用のニワトリすら提供して

献身的に生存者たちの救い、69名が生きながらえた

残念ながら、587名は帰らぬ人となってしまったが

事件は神戸の外国領事館と日本政府に伝えられ

生存者は神戸の病院に搬送されて手厚く介護された

知らせを聞いた明治天皇は大いに心を痛め、

政府として可能な限りの援助を行うよう指示した。

また、民間からは多くの義捐金・弔慰金が寄せられ

69名の生存者は日本海軍の軍艦により、

翌年の1891年1月2日にオスマン帝国の首都

イスタンブルに送り届けられた。
出典:wikipdia
Photo:torkishairline

1375816_393812200744343_1574610804_n

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存