夢中になって楽しんでる人に人は集まる

スポンサーリンク

子供達の行動を注意深く見てると、

驚くほどいろいろな発見がある。

特に余計な知恵のつかない保育園児などは、

素直な心のままに行動をしているので、

人間の本来の姿を垣間見ることができる。

保育園での子供達の行動を、観察しての話しです。

休み時間になると、園児たちは、

それぞれ気のむくまま、色んな遊びを始めます。

砂場で遊んだり、

すべり台すべったり、

鬼ごっこしたり。

でも、それから、ある程度時間が経つと、

必ず、○○○○な園児の周りに、

他の園児が集まるらしい。

○○○○な園児がどんな園児かというと、

“楽しそうに遊んでいる園児”

“夢中になって遊んでいる園児”

であるらしい。

何をやっているか?

じゃない。

楽しそうかどうか。

夢中になってるかどうか。

アツく生きているかどうか。

楽しそうな人の周りの空間には、

楽しくさせてくれそうな空気の流れがある。

その空間のエネルギーの流れを、

子供達は敏感に感じとっているのだ。

心が楽しい状態にあると、

そこには確かにエネルギーの流れが発生する。

それが運やツキをひき寄せたり

さらに大きな力をひき寄せたり

するのだと思う。

自分の心をいかに楽しい状態にするか。

これが人生を大きく左右する

本質なのではないでしょうか。

996060_418119134980316_1770384919_n

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存