わたしのにっき

スポンサーリンク
スポンサーリンク

やった!ついに、妹が産まれた。

ママも元気だって。
病院にじいじ、ばあばと一緒に会いに行くやくそくしたよ。

病院に見に行ってきたよ。
ちっちゃくてかわいかった。
ママも元気そう。
退院してきたら、
一緒にいっぱい遊べるかなぁ。
寂しいけどもうちょっと。
ママが帰ってくるまで頑張る。

今日はやっとママが帰ってくる!
一緒にご飯食べて、
一緒にお風呂入って一緒に寝るんだ!

昨日はママが帰ってきて嬉しかった。
赤ちゃんとってもかわいい。
赤ちゃん、ずっと泣いてた。
ママとご飯一緒に食べれなかった。
お風呂も一緒じゃなかった。
忙しかったんだって。
明日は一緒に食べたいな。

今日も一緒に食べれなかった。
それに、ママは赤ちゃんと寝るって。
夜中に赤ちゃんが泣いて起こしちゃうからだって
パパと寝ることにしたよ。
お姉ちゃんだからがんばらなくちゃ。

じいじとばあばが赤ちゃん見に来た。
遊んでほしかったのに、
うるさくしたら赤ちゃん寝れないよって叱られちゃった。
みんな、赤ちゃんばっかり。
遊んでほしかったな。
でも、お姉ちゃんなんだもん。
がまんしなくちゃ。
静かにしてたら、ほめてもらったよ。

最近、ママはあそんでくれない。
ちょっとまってね、ばっかり。
でも、おかあさん、疲れた顔してる…
なにか手伝えないかなぁ

今日は赤ちゃんがずっと泣いてる。
ママは私のこと、見てくれない
勇気だして、お手伝いしようと思ったけど、
失敗してミルクこぼしちゃった。
ごめんなさい お手伝いしたかっただけなの

手紙

=大好きなママへ=

ごめんなさい ミルクこぼしてごめんなさい
赤ちゃんにも、ごめんなさい
もっともっとがんばるから、
いい子にするからゆるしてください。

もっとお手伝いして
もっとお姉ちゃんになっておりこうにします。
だから、ちょっとだけでいいから
いっしょにあそんでください
どうかきらいにならないでください

がんばるから。

ママたちへ

ママは大変。
それは上の子たちも分かってくれていると思います。
上の子たち、お兄ちゃんお姉ちゃんにとって、ママは大事な存在です。
それに赤ちゃんはかわいい。
しかし、赤ちゃんは大事なママを奪い、
時にはママを困らせ、
触れることは許されず、
今まで、自分だけだったのが、
とつぜん赤ちゃんがやってきて、
大事なママを奪われたような気さえするのです。
やきもち、嫉妬…突然そんな気持ちに襲われます。
こっち向いて、私を見て…
いろんなサインを出します。
我慢する、耐えれなくなる、暴れる、叱られる。
そこで、赤ちゃんみたいにすれば
かわいがってもらえるかと、赤ちゃん返り。
でも、ママは忙しくてかまってる暇はありません。
お姉ちゃんなんだから…って言われます。

こんどは褒めてもらいたい一心でいい子を演じる。
おとなしくして黙っていれば、ほめてもらえる。
ひたすらじぶんを押し殺してじーっと耐える。
そうすると、お姉ちゃんだね、
偉いねってほめられるのです。

ずっと我慢して我慢して…
耐え切れず、爪を噛んだりするかもしれません。
しまいには、意見を言えない子になるかもしれません。
一日一回でもいい、
上の子との時間をとって、ハグしてあげてください。

やさしくなりたいママより

10170999_842975019060938_2671390229927916690_n

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存