【涙腺崩壊】僕の代わりに死んだ女子高生の話

スポンサーリンク
スポンサーリンク

いつからだろう。

毎年7月18日、父は会社を休む。

母は美しい花を買って、

二人でどこかに出かけるのだ。

どこへ行くんだと俺が尋ねても、

ちょっとねとお茶を濁す。

そそくさと礼服に着替え、

それはそれは不可思議な1日が毎年続いていた。

出典:【涙腺崩壊】僕の代わりに死んだ女子高生の話

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存