【カミングアウト】高畑淳子「共演者をすぐ好きになっちゃう」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

逮捕された俳優の高畑裕太容疑者(22)の父親は、母・淳子さん(61)会見で質問が飛んだ「一般男性」ではなく、俳優の大谷亮介さん(62)だった。

一部週刊誌の報道を受け、淳子さんと大谷さんの所属事務所がそれぞれコメントを公表し、親子関係であることを認めた。

父親報道を受け、インターネット上では「とばっちり」「誰だろうと関係ないでしょ」「今これを報道して何か変わるのかな…」と批判的な声も目立つが、「この母もなかなかの男性遍歴を持ってるのね」「高畑さんご自身がすごく奔放な方なんだなってのはわかった」「別居後に関係持っていたなんてだらしない。遺伝だね」などと、淳子さんの遍歴に対しての驚きや呆れの混じった声も少なくない。

実際、若いころの淳子さんは裕太容疑者に負けず、恋愛体質だったようだ。2009年に放送されたTBS系「中居正広の金曜日のスマたちへ」(当時)では、同時に何人と交際したことがあるか聞かれると、「それはテレビでは言えない。でも2人くらいだよね。気持ちがやっぱり行っちゃう」と告白。周囲がこれに驚くと「そんなに驚かれるようなこと?あるでしょ?私を悪者にしないで~!」と絶叫した。

さらに、女優業を始めたばかりの20代前半を振り返る中ではこう話していた。「この頃は、目をみてエチュード(即興劇)をしなさいとかそういうのあるじゃないですか。心を解放しなさいとか。すぐ好きになっちゃう。恋人役の人を?もちろん。忘れられなくなっちゃうの」

http://www.j-cast.com/2016/09/01276762.html?p=all

31179f63

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存