生徒たちの前で、20ドル札をぐしゃぐしゃにして踏み潰した先生の話

スポンサーリンク

とある先生が教壇に立ち、きれいな20ドル紙幣を掲げてこう問いかけました。

「これが欲しい人は?」

生徒たちは一斉に手を挙げます。

先生は小さく紙幣を折りたたみ、こう続けました。

「これならどう?」

子ども達からは、「欲しい!」という声が。

20ドル札をくしゃくしゃに丸めて、ポイッと投げ捨てる先生。

「もう欲しくないかな」

それでもクラスのみんなは、一人残らず手を挙げています。

すると、今度は紙幣を踏み潰し、教室のはじっこへと蹴り飛ばしてしまいました。

「誰か欲しい人はいる?」

みんなの反応は相変わらず。

先生はこう言いました。

「今日、あなた達は素晴らしいことを学びましたね」

先生が教えたかったことって?

「私がこのお金に何をしようと、みんなは欲しいと思いましたよね?それは、このお札に20ドルの価値があるということを、あなた達が知っているからです。何が起きても、どんな見た目になろうとも。その事実は変わりません。

どんなにつらい目にあっても、どんなにひどい扱いをされても、関係ないのです。あなたの価値は変わりません。利用されたり、邪魔者扱いされたりしても、何があったとしてもです。

あなたを愛している人にとって、あなたは価値ある存在であり続けるのです。」

これは、Little Thingsに掲載されたお話。記事を書いたRebecca Endicottによれば、古くから知られている逸話なのだそうです。実話かどうかはさておき、よくできていますよね。

出典 ”http://tabi-labo.com/266821/20-dollars-worth/

ba0effd8a5402d44b8c7706e232eba8dc3d5d25e

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存