poke

スポンサーリンク

君に伝えたいことがあります。

きっと君は僕の事を知らないけど

僕はずっと君に支えられていたのです。

毎日、君からの「こんにちは」が楽しみで
毎日、「こんにちは」と返すのが嬉しくて

生きていても何も良い事がないと泣いた夜も
顔も知らない君からのpokeを見つけると
もっと生きたいと願う自分がいた。

きっと君は可愛い笑顔で普通の事のように
カーソルを合わせクリックしただけなのだろう。
大勢の中の一人にしか過ぎないのも解ってるけど・・・

でも僕には生きる希望になっていたんだ。

今日も僕は元気です。

どうか明日も、その次の日も

君に「こんにちは」って挨拶出来ますように。

38

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存