自分をもっと大好きになる方法

スポンサーリンク

「自分のためにならないことをやってみる」

すると自分のことが好きになれます。

書き間違いじゃないですよ。

自分のためになることを

やってみるんじゃなくて…

「自分のためにならないことをやってみる」

どうしてかってて…???

「こんな自分のために

ならないことしてて…。」

「なんかボクってて…いい子やん!!」

そんな気になるのです。

ゴミを拾ってみたり。

誰かに親切なことをやってみる。

彼でも彼女でも友達でもいいんです。

でもポイントがあります。

それは、バレないようにやること。

自分がやったとバレるように

親切をやってしまうと、

その時点で一気に

「自分のため、人にほめられるため」

というのが見え隠れして

しまうんですね。

イイ奴って思ってもらいたい

ためにやるのではなく、

自分だけが、「ボクってイイ奴やん!」

って思える感じがよいのです。

誰からも褒められなくともいいんです。

感謝されなくともいいんです。

自分を素敵に

見せるための行動ではなく、

相手のことをさりげなく気遣う

行動に人は打たれるのです。

わざとらしい、

親切は逆効果かもしれませんね。

その「さりげない気遣い」の

心を持っていると…

その心から気品が出て、

本当に自分が大好きになれるのです。

ボクもこの“感謝の心”

(ありがとう)にやっと気づけました。

日々の生活の中で

出会うチョッとした幸せに感謝。

ふだん当たり前に関わっている

(事/人/物)に感謝。

もしも、○○○だったら…

と改めて考えてみると、

今日もお酒が飲めるというだけで、

感謝できる…。

小さなことを喜ぶ。

小さなことにも感動する。

満たされてない自分の心を

「ありがとう」の言葉で

満たしているのです。

ようやく自分自身を

好きになれました。

思いやりをたくさんもらって

嬉しいことも増えました。

そして、うれしい

気持ちになったことを

自分も真似して人にする

ようになれました。

思いやりってずーっと昔から…

こうやって続いてきたのかなと

思う今日このころです。

おとうさんにありがとう。

おかあさんにありがとう。

友人・友達にありがとう。

太陽にありがとう。

地球にありがとう…。

愛がほしければ、

まず、自分に愛をあげる。

これこそが、遠回りのようだが、

もっとも愛される近道のようです。

40

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存