幸福とは!?安岡正篤の名言

スポンサーリンク

(1)

人間は学び続けなければならない。

学ぶことをやめたら、

人間でなくなる。

(2)

人物が偉大であるほど

立派な環境を作る。

人間ができていないと

環境に支配される。

(3)

細心の注意を払い、

実行する大胆さを持て。

(4)

自己と仕事が

分裂していてはダメ。

仕事に打ち込んでいくと、

自分の対象である仕事は、

自己と一つになることによって

精神化される。

そうすると、

どんどん物事が解決していく。

(5)

他人が見ても心地よい

表情や態度を心がけて、

感情の乱れを表に出してはいけない。

(6)

なるべく

人の世話役を心がけよ。

そして、報(むくい)を望むな。

求むるな。

(7)

皆が利を求めて行動するようになると、

お互いに忌みあい、必ず人間関係、

人間の生活、人間の事業というものを

壊してしまう。

(8)

言葉は言う人によって、

みな意味が違ってくる。

文字や言葉だけで、

それがみな同じだと思ったら

大間違いである。

(9)

人々の楽しみの後に

自分は楽しめ。

(10)

愚直で、少々頭も悪く、

小才も利かぬ、

そんな人間の方が、

根が真面目なだけに、

修養努力して

大人物になることが多い 。

【出典】

安岡正篤一日一言

【新装版】運命を創る―人間学講話

安岡正篤 人間学

60

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存