価値観が凄い!星野源の名言

スポンサーリンク

(1)

人間はどんな状態であろうと、
その中で幸せを無理矢理にでも探し出し、
それを糧に生きてゆく。

(2)

息を吐いて、吸うように、
ただ仕事をしています。

(3)

最初の頃はとにかく
おびえてたんですよ。

恐くて。

歌を作るのは好きだけど、
自分の声が嫌いだったんです。

(4)

どんなに的確な批評の言葉より、
「おもしろい」の一言のほうが
励まされるし、
やる気も出るものです。

(5)

ただ、なんとなく思ってるのは、
たぶん、死ぬことを書きたいんじゃなくて
生きることを書きたいんだと
思うんですよ。

で、生きることを正直に書くと、
死ぬことを書かざるをえないっていう。

(6)

寂しすぎるって言って死んでも、
死んだ後も寂しいんじゃないかと。

だったら今頑張ろうかな。

(7)

欲深いっていうのを
自分で認めるようになってから
何かが前向きに行き始めた
ような気がします。

(8)

人は、どれだけ勉強しても
どれだけ物知りでも、
「知らない」ことがなくなる
ことはないと思います。

様々な「終わり」が
襲ってくるこの世の中で、
それはいつまでも新鮮に生きていられる、
希望のようなものでもあると思います。

(9)

多分お金さえかければ
できると思うんですよ。

自分はそれよりも、
限られた条件の中で何ができるか?
っていうことに興味があるんです。

(10)

全ての人に
平等に課せられているものは、
いずれ訪れる「死」と、
それまで延々とつづく
「生活」だけなのである。

- 星野源 -

image2051

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存