「人生は麻雀」小沢一敬はただの青春BOYじゃなかった!

スポンサーリンク

▶︎その発言がたびたび話題に!

小沢と言えば、かねてよりその強烈なインパクトを放つ名言の数々でしばしば世の注目を集める

とにかく小沢はポジティブで優しいし、感受性も豊か

バリバリの男性社会である芸人の世界で、小沢のように縛られない人のおもしろさがフィーチャーされる

▶︎どんな感じなのかというと…

友達とか親友って言葉あんまり好きじゃないし信じてないけど仲間って言葉まあまあ好きだよ

昨日買った服が心なしかサイズが小さい気がする。こんなこと気にする心のサイズも

昔ちっちゃいおもちゃのポストにその日あったことや思ったことをお互い書いて入れたことを思い出しながら帰る。まだ届いてない

蝉の鳴き声聴いてる。特に詞がいい。

今日の夢の中に出てきた小学生に夏の間に出会う気がする。その時にはもう忘れてるだろうけど

▶︎四季折々

夏が来るんじゃなくて夏をするんだ

今日は一日夏だった。夏を頼んだらサイドメニューは海と風があればいい。ポテトもコーラもいらない

この夏の名前を僕たちはまだ知らない

秋は深まって冬になる。夏は深まりもせず突然終わる。なるべく後にしてね。もう少し遊んでいたいから

夜が寒すぎる。秋なんだから冬のふりしないでほしい

春夏秋冬なのに冬が一月だったり朝昼夜なのに夜が一時だったり昔の人の考えることといったら

▶︎とりあえずチョコレート。

昨日は久しぶりに寝る前のチョコレートを我慢できた

寝ようと思って歯を磨いたのにベッドに寝転んでチョコを食べてしまう小沢だよ

今日家を出るときにチョコをカバンに入れたのを忘れてたのは小沢が悪いけどさ溶けるなんて酷い仕打ちさ

義理チョコは明治のチョコレートに限る。たいしょうじゃないから。

▶︎恋とか好きとか。

好き!って感情が好き!

漫画でも映画でも本でもゲームでも人でも毎日恋してたいのですよ小沢は。

疲れちゃったって言える相手とゴロゴロしてくれる相手がいりゃなおいいのに。という弱音。そうか弱音って音なのか

好きな人たちとずっと一緒に暮らしていきたいから全ての人を好きになれたらいいのになと思う

影のある人が好きっていうのは、光が当たってる人が好きということ

▶︎セカオザの生き様

ちゃんとした大人なんてちゃんとしてない

答えがないものの正解は自分で決めることにしてる派

登り坂も下り坂も自分の向いてる方で決まるのよね

ツイッター見てると、ああこの人いい人だなあ。とか、この人と飲みに行ったら楽しいだろうなあ。とか思えてまだまだ世の中捨てたもんじゃない。あっ、もともと捨てるつもりなかったです。

いくつになってもなりたいものや欲しいものはふえていく

無事レベル43になりました。今年も仙道の言葉を思い出します。「まだあわてるような時間じゃない」

もちろん、負けることもあるけど、麻雀に負けってないんですよ。例えば、今日負けたとしますよね。そこで麻雀をやめたら負けになるけど、明日やれば勝つかもしれない。これはあらゆる物事の鉄則。すべてのものを「まだ途中」と思えるようになったら、すごくラクになりますよ

だから、麻雀が好きなの。どうなるかは自分次第だから。

配牌(はいぱい・最初に配られた牌)が悪い人でも勝てるから。人生と一緒だなと思って。

mig

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存