ネルソン・マンデラが遺した不屈の名言

スポンサーリンク

ネルソン・マンデラが遺した言葉

情熱

情熱

小さく生きていたら情熱は見つからない。

憎しみと愛

憎しみと愛

生まれたときから、肌の色や育ち、宗教で他人を憎む人などいない。人は憎むことを学ぶのだ。もし、憎しみを学べるのなら、愛を教えることもできる。愛は、憎しみに比べ、より自然に人間の心にとどく。

教育

教育

教育とは、世界を変えるために用いることができる、最も強力な武器である。

立ち上がる

立ち上がる

期待が満たされないとき、祈りや夢が叶わないとき、
このことを忘れないように。
人生最大の栄光は一度も転ばないことではなく、
転ぶたびに立ち上がることにある。

正直

正直

まず何よりも、自分に正直でありなさい。自分自身を変えなければ、社会に影響を与えることなど決してできません。偉大なピースメーカーはいずれも、誠実さと正直さ、そして謙遜さを兼ねた人たちです。

笑顔

笑顔

外見は大切、笑顔を忘れぬよう。

勇気

勇気

勇気とは、恐れを知らないことではなく、それを克服することだと学びました。勇敢な人とは、恐怖を感じない人ではなく、その恐怖を乗り越える人なのです。

立ち向かう

立ち向かう

人間として、何もせず、何も言わず、不正に立ち向かわず、抑圧に抗議せず、また、自分たちにとってのよい社会、よい生活を追い求めずにいることは、不可能なのです。

失敗

失敗

一部の政治家とは違って、私は失敗を認めます。

私は勇敢なふりをしたり、全世界を打ちのめせるふりをしたりは出来ません。

思いやり

思いやり

人は思いやりでつながっていきます。同情やお仕着せではなく、共通の苦しみを未来への希望に変える方法を学んだ人間としてです。

人生

人生

人生で大切なのは、単に生きるということではない。
他の人々の人生にどれだけ違いをもたらすことができたかで、私たちの人生の重要性が決まるのだ。

日本

日本

想像を絶する規模の自然災害を忍耐と不屈の精神で乗り越え、驚くべき倫理観や革新性を見せる日本という国は、新しい、より良い世界づくりの中心となるでしょう

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存