ドラッカーの名言集

スポンサーリンク

イノベーションの能力とは、一見関係のないものを一つの全体として見る能力である。

生まれついてのリーダーなど存在せず、リーダーとして効果的にふるまえるような習慣を持つ人が、結果としてリーダーへと育つのだ。

優れた組織をつくりあげる鍵は、働き手の潜在能力を見つけ、それを伸ばすことに時間を使うことである。

善意で山は動かない。山を動かすのはブルドーザーである。使命と計画書は善意に過ぎない。戦略がブルドーザーである。戦略が山を動かす。

昨日を守ること、すなわちイノベーションを行わないことのほうが明日をつくることよりも大きなリスクを伴う。

時間の管理は継続的に行わなければならない。継続的に時間の記録をとり、定期的に仕事の整理をしなければならない。そして自由にできる時間の量を考え、重要な仕事については締め切りを設定しなければならない。

複雑なものはうまくいかない。

何らかの販売は必要である。だが、マーケティングの理想は販売を不要にすることである。

成長するには、ふさわしい組織でふさわしい仕事につかなければならない。基本は、得るべき所はどこかである。この問いに答えを出すには、自らがベストを尽くせるのはどのような環境かを知らなければならない。

成果をあげるのは才能ではなく、習慣だ。

「われわれの事業は何か」を問うことがマネジメントの責任だ。

知識労働者というものは、自らが自らに課す要求に応じて成長する。

イノベーションとは物事を新しい方法で行うことによって資源のもつ富の創出能力を増大させることである。

知識労働者の動機づけは、ボランティアの動機づけと同じである。報酬ではなく仕事そのものから満足を得なければならない。

イノベーションは、価値を創造しているかによって判定される。イノベーションとは、顧客にとっての価値の創造である。新奇さは面白いだけである。

自らがコントロールし、自らが取り除くことのできる時間浪費の原因を排除することである。人は、他人の時間まで浪費していることがある。

第一に身につけるべき習慣は、なされるべきことを考えることである。何をしたいかではないことに留意してほしい。

優先順位の基準は、「過去ではなく未来」「問題ではなく機会」「横並びではなく独自性」「無難で容易なものではなく変革」さらには「内部ではなく外部」であり、これらを選択することは勇気がいる。

人に教えることほど、勉強になることはない。人の成長の助けとなろうとすることほど自らの成長になることはない。

自らを成果をあげる存在にできるのは、自らだけである。したがってまず果たすべき責任は、自らのために最高のものを引き出すことである。人は、自らがもつものでしか仕事はできない。

組織に働く者の場合、自らの成長は組織のミッションと関わりがある。仕事のできないことを、設備、資金、人手、時間のせいにしてはならない。それではすべてを世の中のせいにしてしまう。よい仕事ができないのをそれらのせいにすれば、あとは堕落への急坂である。

卓越性を追求するプロセス。1.卓越性を得る分野や能力を決めること 2.それを獲得するために、時間やエネルギー、お金などを集中させること。 3.卓越性を究めるために自分の強みを徹底的に利用すること。

組織には、明確な使命がないといけない。目的があるときに最も生産性が良い。

今の若い人はやる気がないとこぼす前に、彼らがもっているものに目を向けなければなりません。

自由とは解放ではない。責任である。楽しいどころか一人ひとりの人間にとって重い負担である。それは、自らの行為、および社会の行為について自ら意思決定を行うことである。そしてそれらの意思決定に責任を負うことである。

集中のための第一の原則は、生産的でなくなった過去のものを捨てることである。

人間にとって成長ないし発展とは、何に対して貢献すべきかを自らが決定できるようになることである。

真の知識とは、情報の量や質ではなく、価値という成果を意識し、特殊な言語を誰にでもわかる言葉に翻訳できる能力を伴うのです。

成果をあげる者は、時間が制約要因であることを知っている。あらゆるプロセスにおいて、成果の限界を規定するものは最も欠乏した資源である。それが時間である。

あらゆるプロセスにおいて成果の限界を規定するものは、もっとも欠乏した資源である。

peter_drucker

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存