お前のモノは俺のモノ、俺のモノは俺のモノ!

スポンサーリンク

「おまえのものはおれのもの、

おれのものもおれのもの」

暴力的で利己的で、独占主義な

ジャイアンらしさの象徴として

誰もが知っているこのセリフ。

「お前のモノは俺のモノ、

俺のモノは俺のモノ!」

このジャイアンのセリフ。

印象がかなり悪いですよね。

この言葉だけを見れば、

強引に相手の物を奪いとって

「お前のモノは俺のモノ」

といっているようにしか思えません。

実際は…

お前が無くしても
俺のモノだと思って探す。

「お前の痛みも俺のモノ」なんです。

この言葉の背景には、

こんなエピソードがあります。

のび太は小学校入学式の日

に早速遅刻した。

体育館ではジャイアンが

ランドセルに入れていた、

目覚まし時計が鳴り出し、

みんな火事と勘違いして

体育館から逃げだす。

その後、遅刻したのび太が到着。

いつも間が悪いのは、のび太の性分。

彼は入学式が終わったと思い、

途方に暮れて帰宅しようとする…。

しかし、家に帰れず迷子になるのび太。

疲れ果てランドセルを置き、

なぜかそれが落っこちて、

走っているトラックの荷台に

乗っかってしまう…。

雨が降ったり、

犬に吠えられたりしながら、

必死にランドセルを探すのび太…。

しかしいっこうに、

ランドセルは見つからない…。

そんな時しずかちゃんが

「たけしさん、のび太さんがいない」

と言い出す。

ジャイアンは必死になって

のび太を探し始め、ついに見つけ出す。

そこで偶然にも、

トラックに乗ったのび太の

ランドセルを発見するジャイアン。

ジャイアンは「俺に任せろ!」と言い、

必死に走ってトラックに追いつき、

落ちてくるランドセルを

ジャンピングキャッチ!!

そして、のび太が言う

「ジャイアンありがとう!」

ジャイアン

「当たり前だろう!だって…」

「お前のモノは俺のモノ、

俺のモノは俺のモノ!」と…

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存