魔法のポケット

スポンサーリンク

「このぽっけすごいねんで!!(`・ω・´)三3ムフー!!」

そう言って幼稚園の制服のポケットをパンパン叩いてた友達Aの息子

ポケットにはハンカチ、ティッシュ、お菓子、小指の先サイズのドラえもん、母親とのプリクラ、それにムシキングカードなどなど…

その子にとっての宝物が詰まってた

「ぽっけ叩いたら欲しいもん何でも出てくんねん(`・ω・´)三3フンフン!!」

ソレ聞いて少しイジワル言ってみた

「じゃあミニカー出してみて」

前から欲しがっていて 持っていない事は知っていた

その子はムキになって

「あるもん!!フン!フン!」とポケットをパンパン叩いて宝物を散らかしていった

私はその子の隙を見てあらかじめ買っておいたミニカーを そっとポケットに忍ばせた

「フン!…あっ!! …フフ~ン♪」

得意気に出てきたミニカーを私に見せびらかしてたが、物陰で

(´・ω・`)??

みたいな顔してた

かなり萌えた

ある日Aが死んだ

脳溢血だった 職場で突然倒れそのまま逝ってしまった

友達はいわゆるシングルマザーで家族は60を過ぎた御両親だけ

私達も悲しみにくれる間も殆ど無く、葬儀の準備の手伝い、関係者への連絡などで忙殺されていた

その間、彼はずっとジュウレンジャーの絵本を何度も何度も読んでいた

通夜が始まりしばらく経った頃、彼が居ない事に気付いた

私と手の空いた者が付近を探した

しばらく探していると友達Bから着信

小さな公園で見つけたとの事

急いで駆けつけるとBは公園の入口で、どういうワケかうずくまって泣いていた

フッ…と公園の中を見ると彼が居た

暗い街灯の下、

「…お母さん、お母さん…お母さん…」

と泣きながら必死にポケットを叩いてた

周りには宝物が散らばっていた

恥ずかしながら20代女、その子慰める前に しばらくの間 泣き崩れてしまいました

声を殺して抱きしめる事しか出来なかった

いつの間にか集まってたみんなも泣いていた

あの日は全てが悲しくて仕方がなかった

あれから二年

もうポケットは叩く事は無くなった

代わりに

「ぐらふぃっくあーてぃすとになんねん(`・ω・´)三3ムフー!!」

が口癖になった

最近、ずっと絵を描いてるのはソレだったのか

どうやらBが 「お母さんの夢やったんよ」 と教えたらしい

その話を聞いた瞬間、また泣いてしまった

子供の言葉で、何だかこっちの方が救われた気がしたんです

少し画家と混同しているみたいだけど、頑張れ

君には5人のお母さんがついてるぞ

その日までちゃんとAの分まで全力で見守ってるからね

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存