空っぽのプレゼント

スポンサーリンク

何年か前に友達から聞いた話です。

彼はクリスマスが近づいたとき、三才の娘が包装紙を何枚もむだにしたため、彼女をきびしく叱りました。

貧しい生活を送っていたのにその子はクリスマスプレゼントを包むための大切な包装紙で箱を作ってクリスマスツリーの下に置いたのです。

叱られた娘はその箱を父親に渡しながら「パパ、これはパパのためよ」と言いました。

受け取った父親は箱を開けてみると中は空で、何も入っていませんでした。

父親は娘にたずねました。

「プレゼントは空っぽの箱だけかい?」

娘は目に一杯涙をため父親を見上げて言いました、

「パパ、空っぽではないの、たくさんの私のキッスを入れたの、

これは全部パパのためなの。」

父親はぼう然としました。そして、娘を抱き上げ、ゆるしを願いました。

それ以来、父親は娘からもらったその箱を大切に保管し、いつもベッドのそばに置いていました。

そして、元気を失った時、その箱を開けて、

娘がどれ程大きな愛をもって自分のためにキッスを入れたかを思い出し、

大きな慰めを受けたのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存