常連兄さんの伝言

スポンサーリンク

数年前までバイトしてた

早朝~だったんで、常連にヤの字やお水の兄ちゃんや姉さんが多かった

酒入ってる率が高く、ちょっと迷惑行為もあったが、

基本的には高額購入の多いお得意さんだった

ある日、常連兄さんが喪服で葬儀用のお供え袋を買った

「ワイは字が下手じゃけん、店で一番上手いヤツが書いてくれんか」

店長含め、三人で薄墨筆ペン試し書き。結果自分が書いた

兄さんは照れくさそうに礼を言い、

自分が世話になった人の葬式だから、と目を潤ませていた

その後、兄さんは自分のいる時間帯で少なくとも二回、

迷惑客や珍走団を静かに説き伏せて追い払ってくれた

同じ時間帯常連の姉さんに惚れたらしく、

自分や店長がこっそり橋渡し(居合わせたら二人に世間話を振ったり)してた

先日、辞めてから久々に店に行ったら、店長が教えてくれた

「自分が辞めてから、あの二人が結婚したで。ありがとうって、伝言預かってる」

今も二人は常連だそうだ

正確には兄さんが早朝、姉さんは子供と通い始めた幼稚園帰りに

自分が最後に作ったポケモンのPOPは、色あせたままその子に貰われていったそうだ

五年振りのレジ前で泣いてしまった

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存