名人の誇り!桂歌丸の名言

スポンサーリンク

(1)

苦労を笑い話にできるまで努力する

(2)

背負った苦労を、

一度フィルターにかけて、

陽気な笑い話に変える。

これが噺家の仕事です。

(3)

苦労しっぱなしだと

芸に苦労が染み込んでしまう

だから笑い話になるくらいまで

苦労を突き破り乗り越えろ、

というわけ

(4)

とにかく陽気な噺でお客さんを

笑わせるのが一番だと。

そういう素直な気持ちになると

不思議と受けるんですね。

(5)

褒める人間は敵と思え。

教えてくれる人、

注意してくれる人は味方と思え

(6)

その道が広くなるか狭くなるか。

平らな道かデコボコ道か。

それは自分の歩き方次第。

ことによると、

途中で土砂崩れにあうかもしれません。

でも、わたしにはこの道しかないんです。

(7)

私が古典が大事だと思うのはね、

その噺のなかに、今も通じる

義理人情の道理ってのが

必ず込められているからです。

(8)

しゃべり上手は聞き上手

幾つになっても若手に学ぼうとする

心意気と情熱を持ち続けることが大事

(9)

薄情な人間には

薄情な落語しかできない。

人情味のある人だから、

人情味のある芸ができる。

まさに「芸は人なり」なんです。

(10)

修業は一生涯に及びます。

ですから、「辛抱」も

また一生涯ということです。

~ 桂歌丸 ~

【 参照本 】

歌丸 極上人生

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存