やる気で人生が飛躍する7つの方法

スポンサーリンク

(1)

「今日1日を最高傑作
にすると決める」

人生とは今日である
この先で待っている
「時間」のことではない

目の前にある
「今日1日」が
いかに大切であるかに
気づいたとき

人は本当の「やる気」を
持つことができる

(2)

「小さな変化から始める」

自分は未完の
「傑作」だと思うなら
小さな変化を大切
にしなければならない

身体を鍛えたいなら
エレべーターを階段に
替えることから始める

健康になりたいなら
ランチにサラダや
果物を取り入れて
少しずつ「食習慣」
を改善する

それだけで立派な変化だ

「 理想 」に向かって
着実に歩んでいる

(3)

「小さな過程の
目標をたくさん作る」

小さな目標を決める人は
そうでない人よりも
幸せになれる

それは周りに振り回されず
自分の1日を自分で
コントロールしているという
感覚が深まるからだ

(4)

「大きな仕事には
のろのろと取りかかる」

大きな仕事というものは
永遠に片づかないような
気がするものだ

その仕事を最後まで
やり切ることを想像する
だけでうんざりして
やる気なんて出るわけがない

こんなときにモチべーション
を高めるいい方法がある

自分が世界一の怠け者
になったつもりで
その仕事に取りかかる
のである…

不思議なことに
気合いを入れててきぱきと
仕事に取りかかるより

ゆっくり始めるはうが
仕事は早く終わるのである

(5)

「心配を行動に変える」

気になる心配事を
5つ書き出してリスト化する

心配事1つにつき5分
具体的な行動をする

行動は短時間で
簡単な行動でいい

そんな小さな
行動を取るたびに
恐怖が消えていくはずだ

恐怖と行動は共存できない
行動があるところに
恐怖は存在しないのだ

(6)

「自分の真の実力
のことは考えない」

「自分にその力はあるのか?」
ということばかり考えていると
行動する前に疲れ果ててしまう

それに「その力があるのか」
を考えても結論は出ない

結論は、やらなければ
わからないのだ

「あなたの真の実力」
がどうであろうと
とにかく行動する
ことならできる

つまり「行動」は
あなたの真の実力など
気にしないのだ

この事実を忘れない
ようにしよう

(7)

「自分が死ぬ日のことを想像する」

死を意識することが究極の
モチベーションアップになる

「 自分がもうすぐ死ぬ 」
という場面を想像する

そのときの自分の感情を
具体的に思い描く

あなたの大切な人が
1人ずつあなたを訪ねてくる
場面を「想像」する

彼らに「死ぬ前」に
伝えたいことを考える

それを声に出してはっきり言う

出典:「自分を変える89の方法 」

著者:「スティーヴ・チャンドラー」

出版:「ディスカヴァー21」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存