科学的に幸せになる10の方法

スポンサーリンク

(1)

絶えず新しいことを試みる

悪い習慣の奴隷になることを止め

新しいことを試みることが大切

(2)

今の自分がどれくらい

「 幸せ 」かについて考える

不幸や不運にとらわれると

自らが持ち合わせた

幸運に気付けないことが多い

本当に幸せな人というのは

身に降りかかった

不幸のなかからでも

ポジティブな側面を

見つけるものだ

広い視野で今自分だけの

「幸せ」について

考えると良い

(3)

小さな物事・些細な

問題の解決を心がける

何かを

成し遂げたいと

強く願う人は

とかく大きなものに

目を奪われがちである

物事の本質は

その人の目から見える

小さな出来事の累積に

ほかならない

小さなことを

おろそかにせず

積み重ねていくことが

大きなものに

近づく一歩

(4)

熱心に取り組める

物事に自らを費やす

誰もが人よりも

秀でた得意分野

を持っている

しかし

他人の描いた夢や

他人が示した欲求を

満たすために

時間を費やす人が

あまりに多い

ときには

人の言葉に耳を塞ぎ

自分の「 心の声 」に

耳を向けなければ

ならないときがある

その「声」を

真剣に聞き

直感に従って

熱心に取り組める

物事に自らを費やすべきだ

(5)

自らの経験や知識を

共有できる「仲間」を作る

もしも真剣に打ち込める

「何か」を持っているのなら

それをほかの人

と共有できる

「環境」「仲間」

を作った方が良い

人から

得られる知恵が

自らの糧になるだけでなく

自分の重ねてきた

時間や苦労が人ために役立つ

惜しみなく自らの知恵を

与えると良いだろう

(6)

できる範囲で人助けをする

人生において

幸せなことは

人の役に立てる

ということだ

他に迷惑を

かけることなく

今できる範囲で

達成されるのであれば

それはあなた自身の

幸せがより大きいことを

意味している

無論 見返りを

求めてはいけない

しかし より強い

人間関係をもたらし

あなたが必要とするときに

必要なものを与える機会に

つながるかもしれない

したがって

見返りが得られなくとも

人の役に立つ行いは

いずれあなたの

助けになる

(7)

リスクはあらかじめ予測する

未来は予測することができない

しかし自らの行動で抱える

リスクについては

ある程度予測ができる

常に危険や負担を予測し

その量をコントロール

できたならば…

「 不安 」に

さいなまれることも

少なくなるろう

仮に大きな危険に

立ち向かうことになれば

あなたは大きな

成功を収めるか

大きな学びを得る

ことになるはずだ

リスクを適正に

把握している限り

同じ失敗を繰り返す

ということは…

なくなるはずである

(8)

今に集中する

昨日とは違う毎日が

あなたにも訪れている

にもかかわらず

過去の栄光にすがったり

未来の不安にさいなまれ

続けるのは好ましく

ないことだ

毎日のなかで

新しい何かを学び

与えられる機会を

いかすように

心がけることだ

(9)

学ぶ姿勢を持つ

あなたが出会う人すべて

あなたが遭遇する

出来事のすべてに

「生命」という学習

の機会を持っている

そこから学びを

得るかどうかは

あなたの選択次第

そこから幸せを

感じ取ることが

できるかどうかも

あなたの選択に

よるものだ

それら与えられた

機会から学ぶ姿勢を

忘れてはいけない

(10)

必ず毎日

自らの望むゴール

を目指して努力する

いつか誰か

何かが自分に幸運を

もたらしてくれると

信じて待っていて

はいけない

それらはあなたに

何もしてはくれない

のだから

熱心な人はひたむきに

自らのゴールに

一歩一歩近づいて

いくのだが

ほとんどの人が

ほどほどの力を出して

努力をしているふり

をしている

あなたを夢・ゴールに

近づけてくれるのは

あなた以外にいないのだから

毎日一歩一歩近づくことだ

夢を成し遂げようと

努力することは…

あなた自身の仕事でもある

出典:Marc and Angel Hack Life

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存