不思議な家族

スポンサーリンク

よくある話でオカルトじゃないが、一生で一番不思議だと思ってる話。

5歳下の弟は、生まれつきの脳障害+知的障害でかなり重度。
障害が判明した生後3ヶ月の時は「10歳まで生きられない」と言われ人工呼吸器付けっ放し、
10歳の頃には「成人できないだろう」と言われ、そんなこんなで現在24歳(私29歳)。
おかんに教えられたのは「お前の弟はずっと3歳児だと思いなさい」。身体は24歳だけどね。
実際は3歳児以下。言葉出ない、数かぞえられない、ボタンも1人で留められない。

私が大人になるにつれ、我が弟ながら不思議なのは、「なんか言葉わかってんだよなこいつ」
「あー」「うー」程度しか声出さないけどこっちもなんかわかるんだよね。
家族で食事に出たりすると周囲が不思議そうにちらちら見てる。仲良いしな俺ら (・∀・)
誕生日にプレゼント買って帰ったりすると、昔はとにかくはしゃいでたけど、
高校生くらいの頃から少し恥ずかしそうにしたりするから「オトナになったな」と思ったり。

でも私やおかんが化粧してると、真似して鏡持って来たりするのはやっぱ3歳児っぽいw

この脳障害の子は、大抵成人するかしないかで亡くなる。あと、表情が乏しいというか作れない。
なんだけどこいつはすんごく良く笑うんだ。満面の笑み。
専門医も不思議がってるし、養護学校や作業所でも「○○ちゃんはよく笑うわねぇ」と人気。

826 名前: 2/2 [] 投稿日: 2007/01/05(金) 09:02:56 ID:/+OqVYo+0
で一番不思議なのは最初に書いた余命の件。
結局今現在も(薬は手放せないけど)元気だし、一生歩けない、て言われたけど歩いてるし。
これは全部、おかんパワーだと私は信じている。

おかんは本当は専業主婦にはなりたくなくて、弟に手がかからなくなったら働くつもりだった。
が、息子は大変な状態で生まれて来た。(ここで施設に預けっ放しにする親も多い)
そこからのおかんは凄かった。
栄養士さんに指導してもらって特別食を自分で作ることにし、入院しっ放しにはさせなかった。
物凄い勢いで勉強して必死でリハビリに励んで、弟は歩けるようになった。
あの余命宣告は何だったんだ?と子供心に「医者ってアバウトだなー」とか思ってた。
でも私が親のグチを聞ける程度に大人になった頃、教えてくれた。
「本当は○○連れて心中するつもりだったんだよねー」笑いながら言うなおかん。
更におかんは癌になっちまって、それすらも「息子残して氏ねないし」で克服しちまった ( ゚д゚ )
もうここまで来ると、我が母ながら頭上がらんっつーかなんだその強さ、と。

おかんが私を産んだ年をもうかなり通り越してるんだけど、うちのおかんクオリティを見ていると
自分が親になる自信がさすがにぐらつく。無理無理ぜってー無理、って思う。
けどおかんは、「お母さんは家から出られない人生だった、あんたは結婚しても働きなさい」って言う。
がむしゃらに働いてきたけど、最近おかんみたいなおかんになりたいなと思うようになった。

弟もおかんも、実はおとんもすごく不思議だーと今更思う三十路目前。長文失礼。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存