心がきれいに!星の王子さまの名言

スポンサーリンク

(1)

心で見なくちゃ、

ものごとはよく見えないってことさ。

かんじんなことは、目に見えないんだよ

(2)

では、おまえ自身の裁判をしなさい。

それが一ばんむずかしい裁判じゃ。

他人を裁判するより、

じぶんを裁判するほうが、

はるかに困難じゃ、

もし、おまえが、

りっぱにじぶんを裁判できてたら、

それは、おまえが、ほんとに

賢い人間だからじゃ。

(3)

ぼくは、あの星のなかの

一つに住むんだ。

その一つの

星のなかで笑うんだ。

だから、きみが夜、

空をながめたら、

星がみんな笑ってるように

見えるだろう。

すると、きみだけが、

笑い上戸の星を見るわけさ。

(4)

どんなおとなたちも、

初めは子どもだったのだ

(5)

人間たちは

もう時間がなくなりすぎて

ほんとうには、

なにも知ることが

できないでいる。

なにもかも

できあがった品を、

店で買う。

でも友だちを売ってる

店なんてないから

人間たちには

もう友だちがいない。

(6)

人間は、花のいうことなんて

いいかげんにきいていれば

いいんだから。

花はながめるものだよ。

においをかぐものだよ。

(7)

この子が綺麗なのは、

心の中に薔薇を一輪持ってるからだ

(8)

それがどんなに

大事なことか

おとなには、ぜんぜん

わからないだろう!

(9)

ぼくはあの花を愛していたんだ。

ただあの頃のぼくには、
花を愛するということが、
どういうことなのか
わからなかったんだ

(10)

「心の中に一輪の花を持っている」
というものではなく、

「この世の中に花はたくさん
あるけれど、自分が大事にする
たったひとつの花がある」

出典:星の王子さま

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存