AKB2代目総監督!横山由依の名言

スポンサーリンク

(1)

日頃、メンバーから刺激を受けることも多くて、AKB48に入って出会えた人々は、本当にかけがえのない宝物です

(2)

意識して支え合っているわけではないと思うのですが、自然とできているのは(グループとしての)強みです。メンバーを見ていれば、「今、あの子はつらいんだなあ」ということが分かるし、そう思ったらフォローしてあげるメンバーがいます。AKB48のみんなって、根が優しいんですよ

(3)

AKB48のメンバーは基本的に、プライベートでもメンバーを誘うんですよ。メンバー同士の仲がいいから、これだけ長く(グループが)続いているのかなって思います

(4)

AKB48では、歌や舞台、テレビドラマ、コントなど、本当にいろんなことを経験させてもらっています。これからも、できることは制限なくやらせてもらいたいですね。その環境が未来のAKB48でも続くように、今、頑張らなければいけません

(5)

将来は「歌える人」になりたいんですけど、もともと表現することが好きなので、その延長でお芝居にも興味があります

(6)

私たちがAKB48を新しい色に塗り替えれば、塗り替えたものが当たり前になっていくじゃないですか。今のメンバーは、そういう気持ちで「新しいAKB48」を一緒に目指すことができる人たちです

(7)

一人ひとりの知名度が上がれば、グループに貢献できるはずです。最近は若いメンバーが舞台に出るなど、個人の活動が増えてきています。そういう面で(知名度が)少しずつ広がっていくといいなと思います

(8)

「月と水鏡」の歌詞は昨年12月8日に秋元先生から届いたんですよ。その日は私とAKB48の誕生日。何だか運命を感じて、鳥肌が立ちました

(9)

秋元先生が、(AKB48にとって)5年半ぶりとなる新しい劇場公演を書いてくださったんです。AKB48グループでは「劇場公演」と「握手会」が大事だと、メンバーのみんなが分かっているので、新しい劇場公演も大切にしていきたいと思っています

(10)

メンバーとは、みんなでご飯を食べに行った時とかに「何をやったら面白いんだろう?」と話しています。今やってみたいことは、「原点回帰」の意味も込めて、全国のCDショップとかを巡ることかな。私たちはグループ名が知られるようになった後で入ってきたから、そういう経験がありません

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存