落ち込んだ時に元気が出る言葉 part2

スポンサーリンク

(1)

お前の道をすすめ、人には勝手な事を言わせておけ

(2)

人の世には道は一つということはない。道は百も千もある

(3)

なにくそ、負けるもんか。この気持ちが大切なんです。試合も人生も

(4)

雨はね一人にだけ降るのではないのよね。誰にでも平等に降るわけ。自分だけ不幸だと思わない、あなたが苦しんでいる数だけみんなも苦しんでんのよ。逃げないで向き合う。試練だと思えば楽しくなるかもよ

(5)

昨日は昨日。大事なのは明日だ

(6)

なにくそ、負けるもんか。この気持ちが大切なんです。試合も人生も

(7)

逆境がなんぼのもんじゃい! ピンチがなんぼのもんじゃい! 最大のピンチは最大のチャンスである

(8)

きっと一番悔しいのは、夢が叶わないことじゃなくて、夢にトライするのを諦めること

(9)

成功の反対は失敗ではなく、やらないことだ

(10)

誰にでもできる事とできねェ事がある。お前にできねェ事はおれがやる。おれにできねェ事をお前がやれ

(11)

つらいことを知ってる人間のほうが、それだけ人にやさしくできる。それは弱さとは違うからな

(12)

今日の、そして日々の自分の仕事を計画しなさい。そうすれば、あなたの計画は上手く行く

(13)

運命っていうの嫌いなの。何事も偶然であってほしいの。運命っていうと、先の事まで決まってるみたいじゃない。僕は運命だって変えてみせるよ

(14)

自分がいることによって、 笑顔になれる方が一人でもいると考えると、 悩んでる場合じゃないって思えるんです

(15)

人生とは、『いかに成功したか』ではなく、『どれだけ挑戦したか』だと思う

(16)

俺、あと何回桜見れんのかな? 毎年季節がいとおしくなる。限りあることがうれしい

(17)

いくら上手な言葉を使っても、選手を伸ばせるわけではない。言葉に重みがあるかどうかが重要なんです

(18)

自分を少し抑えて、肩の力を抜けば、仕事は長続きする

(19)

一人一人が自分の仕事をきちっとこなすこと。この個人プレーの連携が、真のチームプレーなのだ

(20)

一歩踏み出せるなら、もう一歩も踏み出せる

(21)

まわりは何と言うかも知れんけどそんなまわりの意見なんか気にせんでいい

(22)

不可能を可能にし、可能を楽勝にする

(23)

美しく最後を飾りつける暇があるなら、最後まで、美しく生きようじゃねーか

(24)

精を出して脇目もふらずに働く。これがこの世で最も安価な、そして最上の健康薬である

(25)

成功者は、例え不運な事態に見舞われても、 この試練を乗り越えたら必ず成功すると考えている。そして、最後まで諦めなかった人間が成功しているのである

(26)

貴方が受けてる苦しみは貴方を悲しませるけど痛みを知るっていう財産になってる。痛みを知ってる人は優しいし強いよ。逆にいじめてる人は取り返しのつかない大事なものをなくしてる

(27)

なりたい自分についてのビジョンを創造するのさ。そして、それがまるですでに現実であるかのように振る舞うんだ

(28)

実際に世のためになるものなら事業的にも必ず成立する。世のためにならぬものなら成立するはずがない。これは道義と経済の一致を物語る

(29)

お金が欲しいんじゃない。ただ、素晴らしい女になりたいの

(30)

仕事に困難や失敗はつきものだ。そのような時に、困難に敢然と挑戦し、失敗に屈せず、再起させるものが執念である。できないのは能力の限界だからではない。執念が欠如しているのだ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存