皆人生の主人公。ポジティブになれる名言 part3

スポンサーリンク

(1)

束縛があるからこそ、私は飛べるのだ。悲しみがあるからこそ、私は高く舞い上がれるのだ。逆境があるからこそ、私は走れるのだ。涙があるからこそ、私は前に進めるのだ

(2)

精神にとって、休閑期は種まき時と同じように重要だ。肉体だって耕作しすぎたら疲れてしまう

(3)

いいですか いくらのろくてもかまいませんよ たいせつなことは いつでも前をむいて 自分の道を歩くことですよ

(4)

どんなに勉強し、勤勉であっても、上手くいかないこともある。これは機がまだ熟していないからであるから、ますます自らを鼓舞して耐えなければならない

(5)

夢を見るから、人生は輝く

(6)

人生は一枚の銀貨のようなものだ。それをどう使おうと勝手だが、使えるのはたった一度きりである

(7)

悪いことが起こるのは、われわれの身にふりかかる最悪の事態ではない。最悪の事態は、「何も起こらないこと」である

(8)

賢い人は、徹底的に楽天家である

(9)

人生には解決法なんかないんだ。あるのは、前に進む力だけだ。解決法は、後からついてくるものさ

(10)

元気を出しなさい。今日の失敗ではなく、明日訪れるかもしれない成功について考えるのです

(11)

私は大事なショットを外した後のことなんて考えたことがない。もし考えたならいつも悪い結果を思ってしまうからさ

(12)

問題は未来だ。だから私は、過去を振り返らない

(13)

昔を振り返るのはここでやめにしよう。大切なのは明日何が起きるかだ

(14)

自分に能力がないなんて決めて、引っ込んでしまっては駄目だ。なければなおいい、今まで世の中で能力とか、才能なんて思われていたものを越えた、決意の凄みを見せてやる、というつもりでやればいいんだよ

(15)

人生は意義ある悲劇だ。それで美しいのだ。生き甲斐がある

(16)

下を向いていたら、虹を見つけることは出来ないよ

(17)

疲れちょると思案がどうしても滅入る。よう寝足ると猛然と自信がわく

(18)

虹を見たければ、ちょっとやそっとの雨は我慢しなくちゃ

(19)

終着点はどうだっていい。そこへ行くまでの道のりがすべてよ

(20)

失敗したからって何なのだ?失敗から学びを得て、また挑戦すればいいじゃないか

(21)

神様は私たちに、成功してほしいなんて思っていません。ただ、挑戦することを望んでいるだけよ

(22)

必要なことはただ一つ、できると信じることだ

(23)

壁というのは、できる人にしかやってこない。超えられる可能性がある人にしかやってこない。だから、壁がある時はチャンスだと思っている

(24)

数えきれないほど、悔しい思いをしてきたけれどその度にお袋の「我慢しなさい」って言葉を思い浮かべて、なんとか笑ってきたんです

(25)

信じて投げて打たれるのはいい。信じて投げて打たれたのなら、それは結果。一番いけないのは、やる前から打たれたらどうしようと考えること

(26)

やるだけのことはやって、後のことは心の中で、そっと心配しておれば良いではないか。どうせなるようにしかならないよ

(27)

逃げない、はればれと立ち向かう、それがぼくのモットーだ

(28)

世界には、きみ以外には誰も歩むことのできない唯一の道がある。その道はどこに行き着くのか、と問うてはならない。ひたすら進め

(29)

過去ばかり振り向いていたのではダメだ。自分がこれまで何をして、これまでに誰だったのかを受け止めた上で、それを捨てればいい

(30)

耐える心に、新たな力が湧くものだ。全てそれからである。心機一転、やり直せばよいのである。長い人生の中で、そのための一年や二年の遅れは、モノの数ではない

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存