好きなタイプは好きになった人。片想いの言葉 part3

スポンサーリンク

(1)

われわれを恋愛から救うのは理性よりも多忙である

(2)

僕はおまえが好きだった。そして今でも好きなんだ。たとえ世界が木っ端微塵になったとしても、その残骸の破片から、恋の想いは炎となって燃え上がる

(3)

頭のいい人は恋ができない。恋は盲目だから

(4)

朝起きる時は「今日も会えないだろう」と思い、 寝る時には「今日も会えなかった」と思うのです。 長い長い毎日に、幸福な時は片時もありません。 全ては物足りなさ、全ては後悔、全ては絶望です

(5)

言えるなら言って「愛してない」と。それを聞いたらあなたの人生から出て行くわ

(6)

恋の悩みほど甘いものはなく、恋の嘆きほど楽しいものはなく、 恋の苦しみほど嬉しいものはなく、恋に苦しむほど幸福なことはない

(7)

男は目で恋をし、女は耳で恋に落ちる

(8)

愛されないということは不運であり、愛さないということは不幸である

(9)

人が天から心を授かっているのは、人を愛するためである

(10)

どうしてもどうしてもさわりたくて、気が狂うほど、もういてもたってもいられなくて、彼女の手に触れることができたらもうなんでもする、神様

(11)

こんなことをしたら嫌われるのではないかと、何もしない男が一番嫌われる

(12)

もはや愛してくれない人を愛するのは辛いことだ。 けれども、自分から愛していない人に愛されるほうがもっと不愉快だ

(13)

恋をすることは苦しむことだ。苦しみたくないなら、恋をしてはいけない。でも、そうすると、恋をしていないということでまた苦しむことになる

(14)

愛とかゆみと咳だけは、どんなことをしたって、隠し通すことのできないものである

(15)

愛持たぬ一つの言葉 愛告げる幾十の言葉より気にかかる

(16)

幸せは、いつも、自分の心が決める

(17)

恋の苦しみは、あらゆるほかの悦びよりずっと愉しい

(18)

愛というものは、愛されることよりも、むしろ愛することに存ずると考えられる

(19)

本当の恋はみんな一目惚れから始まる

(20)

せつなる恋の心は尊きこと神のごとし

(21)

恋の悩みほど甘いものはなく、恋の嘆きほど楽しいものはなく、恋の苦しみほど嬉しいものはなく、恋に苦しむほど幸福なことはない

(22)

大事なことは、愛されることよりも愛することだった

(23)

求めて得られる愛は素晴らしい。でも求めることなく与えられる愛はもっといい

(24)

一目惚れは、要するに片思いの始まりです

(25)

愛することによって失うものは何もない。しかし、愛することを怖がっていたら、何も得られない

(26)

愛の光なき人生は無意味である

(27)

恋愛っていうのは必ず片思いなのね

(28)

一つのまなざし、一度の握手、いくぶん脈のありそうな返事などによってたちまち元気付くのが恋をしている男女なのだ

(29)

もっとも永く続く愛は、報われぬ愛である

(30)

片思いも立派な恋愛なんだ。自分が片思いしている。そう思っているときの方が強烈だ。つまり、相思相愛、おめでたいのが恋愛ではなくて、片思いが恋愛だと言える

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存