楽しい笑いは家の中の太陽である。家族を感じる名言 part2

スポンサーリンク

(1)

(家族って)一番最初に思い出す人だよ。一番最初に思い出す人たちが集まっているのが家族だよ

(2)

親子兄弟が仲良ければ、(家族に関わる)ほとんどのことは解決します

(3)

空の星になれないなら、せめて家庭の灯になりなさい

(4)

家族の間に、もう少し多くの愛、一致、平和、そして幸せがあったなら、こんなに多くのアルコール依存症や、麻薬中毒患者は生まれなかったことでしょう

(5)

子供の態度は家庭そのものです。その家庭を知りたかったら、子供を観察すればすぐわかります

(6)

人間は自分の欲しいと思うものを求めて世間を歩きまわり、そして家庭に帰った時にそれを見出す

(7)

君が君の両親を取り扱うように、やがて君の子供は君を取り扱う

(8)

子供には子供の言い分があり、言いなりにならないものだ。親はこの点を肝に銘じて振る舞わなければならない。子供たちは親の所有物でもペットでもない

(9)

結婚生活は要求の大海。愛の美しき狂気に関わることはもはやわずかしかない。ここでは偉大な才能も役立たぬ。ようは、ただ家庭、節度、忍耐、勤勉、義務感、そして従順

(10)

清く貧しい家庭に育った子供は、裕福な家庭の子供とは違い、かけがえのない宝物を与えられている

(11)

愛は家庭に住まうものなんですよ。子どもを愛し、家庭を愛していれば、何も持っていなくてもしあわせになれるのですよ

(12)

家族とは、「ある」ものではなく、手をかけて「育む」ものです

(13)

あなたが育った家庭は、これからあなたが持つ家庭ほど大切ではない

(14)

親とは、子供が歯を研ぐための骨のようなもの

(15)

人を選ぶとき、家族を大切にしている人は間違いない。仁者に敵なし。私は人を使うときには、知恵の多い人より人情に厚い人を選んで採用している

(16)

世界的な作家といわれ、社会的な地位や発言力をもつことよりも、自分が接する家族と、文句なしに円満に気持ちよく生きられたら、そのほうがはるかにいいことなのではないか、そんなふうにぼくは思うのです

(17)

離婚は夫婦だけじゃなくて、二つの家族の離婚

(18)

もし、会社が、ひとつの大家族であるかのような運命共同体となり、経営者と従業員が家族のごとくお互いに理解し、励まし合い、助け合うならば、労使一体となり会社経営ができるはずである

(19)

子どもの、家族内における優越への願望を、許してはいけません

(20)

真の成功とは、喜びをもたらす楽しみを追求する時間があること、あなたの望むような形で家族に愛情を表現する時間があること、家庭を大切にし、庭の手入れをし、魂を育てる時間があることです

(21)

一家、ネットワーク、一族、家族、何と呼んでもよい。何と呼ぼうが、誰であろうが、それが必要だ

(22)

「家族は何もしなくても気持ちが通じ合うはず、なんて幻想」と割り切り、その上で、「でも家族になっちゃったのだから、お互いをきちんと認めて、なるべく快適に暮らしたい」と考えることが大切だ

(23)

家族だろうが周りの人だろうが関係なく好かれる人間でなければ、家の人間にも好かれないということなんだ

(24)

奥さんと一度じっくり話し合って、お互いの気持ちや考えを確かめたほうがいい。「家族だからわかっているはず」と思い込むのではなく、きちんと目を見て話す時間を持つべきです

(25)

愛は身近な人、家族を気遣うところに始まります。私たちの夫、妻、子供たち、または親たちが、一緒に住んでいながら十分に愛されていないと感じ、孤独な生活をしているのではないかと反省してみましょう

(26)

「家族」は、理屈ではなく情緒に訴えることで相手を説得しようとするときには最強のキーワードなのだ

(27)

家族のいるところ、それが「ホーム」、つまり故郷です。波乱に満ちた道をたどった末に、私の家族はブラジルに落ち着いていました。そして、いまも。ですから、私にとってリオは世界で一番くつろげる街です。ブラジルは美しく魅力的な国です。広く豊かな自然、そして、あらゆる人種が共存しています。自分が自分でいることができるという感じがします

(28)

家族はお互いを許し合える。ばらばらより一緒の方が強くなれる

(29)

自宅が「自他苦」であってはダメなんだよ。自分にとっても、家族にとっても楽しい場所でなきゃ

(30)

面倒だからケンカしない、我慢する、という考え方もあるかもしれませんが、うちの家族はよくケンカします。そのたびに問題をひとつずつ解決していくんです

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存