自分を信じる言葉 part2

スポンサーリンク

(1)

美徳は自信を生み、自信は熱中を生む。そして熱中は世界を征服する

(2)

「自信」は自分の能力を信じること。「信頼」は信じて頼りにすること

(3)

自信とは、自分の能力や技量で物事が達成できるかどうかの見通しのことです。そして、見通しを立てるのは想像力です。自信のない人に共通しているのは想像力に乏しいことです

(4)

人はしばしば過信によって己の自信を裏付けていく

(5)

たえず成長しているという実感は、モチベーションや自信を生む、大切な源なのです

(6)

人間を一番残酷にするのは愛されているという自信だよ

(7)

経験が何を為すべきかを告げ、自信がそれを成し遂げさせる

(8)

自分は有用な人材であるという自信ほど、その人にとって有益なことはない

(9)

他の誰かと比べて持った自信は、もろい

(10)

我々自身が抱いている自信が、他人に対する信用を芽生えさす

(11)

自信と過信は紙一重

(12)

集中力は自信から生まれる

(13)

自信とは、自分の能力が評価される、自分の人柄が愛される、自分の立場が誇れる、そういうことだが、それより、何より、肝心なのは、自分で自分を「良し」と納得することかもしれない

(14)

自信は大事業を行うための一番の必要条件である

(15)

「できる、やれる、絶対あきらめない」と自分に30分も言い聞かせていると自信が生まれる

(16)

自分は成功すると信じている人がいる。自分は失敗すると信じている人がいる。彼らのどちらも正しい

(17)

自信がないときって、しっかり自信を持てるような「条件」についていつも考えるんですよね。もうちょっと睡眠が足りていたら、とか、他の用事から解放されたら、とか、体調がもうちょっとよかったら、とか、とーにかく、「万全でないこと」を嘆くんです。「事に万全で臨めることなんて、一生ない」と、あとで知るんですけどね

(18)

自信を持つための鍵は、内なる声、つまり本当の自分に常に耳を傾けることです

(19)

自分を信じること。それは自信を持つというより、自信がない自分も、弱い自分も受け入れる、ということ。そうすると結構、何が起きても平気だったりする

(20)

自信って、一体何だろうな。自分の能力が評価される、自分の人柄が愛される、自分の立場が誇れる -そういうことだが、それより、何より、肝心なのは、自分で自分を「良し」と納得することかもしれない。「良し」の度が過ぎると、ナルシシズムに陥り、「良し」が足りないとコンプレックスにさいなまれる。だが、そんなに適量に配合された人間がいるわけがなく、たいていはうぬぼれたり、いじけたり、ぎくしゃくとみっともなく日々を生きている

(21)

自分に自信があるだけじゃ、社会でやってけないんだよ

(22)

無知から生まれた自信は決して勝利をもたらしてはくれない

(23)

自信がないと、「自分にはできないんじゃないか……」などとネガティブなことを考えて、心を乱しがちです。でも、客観的に見れば、十分な実力を備えていることが少なくありません

(24)

場合によっては、意思決定をしないことを決定する場合もあり得ます。不十分な情報で自信が持てない場合は、そういう選択肢も用意すべきです

(25)

どうしてみんなあんなに、他人と同じことをやりたがるのだろう。自分は自分である。百億の人間がおっても、自分は自分である。そこに自分の誇りがあり、自信がある。そしてこんな人こそが、社会の繁栄のために本当に必要なのである

(26)

自信はないし、弱音はしょっちゅう吐くし、びびったりもする。やっぱり自分は弱いですけど、だからそれを埋めようと、練習をいっぱいする

(27)

人間は自信を持ち、貫禄がつき、自分の仕事以外に己れがないようになると、平凡なものになる。役所ほど人間を殺すところはない

(28)

重い役職に就くと、人はそれにふさわしい能力を身に付けることは目を瞠るばかりである。高位に付けば、それだけ人の評価も高まるし、自信がつければ力も強くなるのと同じだ。人は置かれた境遇に同化するものだ

(29)

自信は成功の第一の秘訣である

(30)

人は軽蔑されたとかんじる時によく怒る。だから自信のある者はあまり怒らない

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存