幸福は夢にすぎず、苦労は現実である。現実に立ち向かう名言

スポンサーリンク

(1)

現実は、良くても悪くても受け止めなければならない。例えその時逃避しても、いつか必ずいつか必ず受け止める時は来る。それが遅すぎれば後悔になる。それが嫌なら突き付けられた現実をその時に受け止めるべきだ

(2)

いつでも、現実のおもしろさよりも先に、規則のことを考えるという人がいる。むろん、おれ自身も、時によってはそういう人だ。なんていうかなぁ、犬がさ、散歩に行く前に、自分から首輪をつけるようなこと

(3)

よかったことの現実も、悪いことの現実も、次へ向かう糧にしたい

(4)

大抵の人間は自分本位です。特に女性は、自分中心に地球が廻っていると思っていて、思い通りにならない現実に腹を立てて愚痴ばかり言うのです。思い当たることはありませんか

(5)

希望は、目覚めている者が見る夢であり、絶望は、眠れる政治家を持つ現実なり

(6)

未来を見る眼を失い、現実に先んずるすべてを忘れた人間は、その行き着く先は自然の破壊である

(7)

大多数の人々は保守的であり、新しいものを中々信じようとしない。現実の多くの失敗には辛抱強い

(8)

人は思想をとらえようが、思想は常に人間よりも現実的である

(9)

夢より現実が楽しい時、君は恋してるんだよ

(10)

われわれの持つ可能性に比べると、現実のわれわれは、まだその半分の完成度にも達していない

(11)

現実的には無理だとわかっていようが、「うちは優勝を狙います。それだけの戦力はある」と外に対して言えるのが、真の指導者なのだ

(12)

世の中に怒っている人は世の中は公平で理不尽ではないと思っている。だからそうではない現実が受け入れられない。子供が親に甘える感情。現実社会は理不尽で不公平。その上で人間らしくあろうと皆生きている

(13)

人間ならば誰にでも、現実のすべてが見えるわけではない。多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない

(14)

男はロマンチストで神経が繊細。女は現実的で神経が図太い。だから神様は女から腕力を取り上げ、男に腕力を与えたのです

(15)

「いま」が唯一の現実であり過去と未来は幻である

(16)

現実主義が誤りを犯すのは、相手も自分と同じように考え対処するであろうから、バカなまねなどするはずはないと思いこんだときである

(17)

個人の運命は、実像によるよりも他人の評判に左右されることが多いのも現実である

(18)

現実を受け入れることに慣れすぎてしまうと、(歩みが)止まってしまう

(19)

昨日の夢は今日の希望であり明日の現実である

(20)

芸術家は、子どもが遊びに熱中するときのように、空想と現実の二つの世界に精通しながら独自の世界を築き上げる

(21)

「これが理想的であることはわかってはいるけれど、現実にはそんなことは不可能だ」と少しでも思ってしまったら、どんなことも実現することはできない

(22)

悩みは自分の心が生み出している幻である。現実を認めれば悩みはなくなる。現実を認めた上で、諦めるか、努力するかを選ぶだけのことなのだ

(23)

どこかに「理想の相手」がいるわけではない。現実の出会いの中で、その相手を好きになるかどうかだ

(24)

理想の内側を旅しながら、その外側(=現実)に立ち続けることなど、あなたには到底なし得ないことなのだ

(25)

効率だけを考えた政治に涙はない。だが同時に、理想だけに振り回され、現実を無視しては政権遂行はできない

(26)

“理想”ってのは、実力が伴う者のみ口にできる、“現実”だ

(27)

数学法則は、現実に当てはまる限り不確かなもので、確かなものである限り現実に当てはまらない

(28)

未来を語る前に、今の現実を知らなければならない。現実からしかスタートできないからである

(29)

ええ恰好をするな。現実に足をつけ。自分の体で考えたこと以外は言うな。実践とは、自分で手を汚して最前線に出てはじめて分かる

(30)

青年のくせにぐうたらだったり、怠けることを考えたり、快楽に溺れて平気でいたりする者は、理想を持たない現実の敗北者である。そんな人に万歳は云えない

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存