運命は努力をした人だけに、偶然という橋を架けてくれる。

スポンサーリンク

(1)

人との出会いは偶然ではなく必然。どんなに自分にとって嫌いな人間だとしても自分がその人を引き付け、出会うべくして出会っている。今出会っている全ての人達は全て自分の人生の中で必要な人達であり、嫌いだと感じる人からだって得る物がある。自分の人生に誇りをもつ為にも、全ての出会いに感謝と思いやりをもって接していこう

(2)

偶然がまだ運命と同一に思われるのは、青春時代の初めだけである。後になれば、生の本当の道は内面によって規定されていたのだ、ということを知るようになる

(3)

出会いは偶然と成り行き。そこに信頼が芽生えたなら、永遠の友じゃ

(4)

すべての出会いに、感謝しましょう。偶然のように思える出会いも、実はすべて必然なのです。そして、あなたを喜ばせたり楽しませたりする人だけではなく、悲しみやせつなさを味わわせてくれる人というのも、大事な人。一期一会の出会いに感謝しましょう

(5)

物事は直感で決める。偶然の出会いを大切にする。だから、たまたまの巡り合わせに逆らわない

(6)

発見とは、準備された心と出会う偶然の出会いであると言われている

(7)

キャリアの80%は、偶然の出来事によって支配されている。その人の偶然の出来事の80%は、それまでの行いによって支配されている

(8)

書物にぶつかる(=出会う)のも、友人にぶつかる(=出会う)のと同じで、他人の(書物に出会った)経験はあまり役に立たないし、結局は偶然に支配されるということです

(9)

セレンディピティ(偶然の幸運をつかむ能力)に必要なものは何か。大事なのは、広い知的背景や深い洞察力、文化的素養だ

(10)

偶然がまだ運命と同一に思われるのは、青春時代の初めだけである。あとになれば、生の本当の道は内面によって規定されていたのだ、ということを知るようになる

(11)

運命の中に偶然はない。人間はある運命に出会う以前に、自分がそれを作っているのだ

(12)

どうか偶然なんてことをあてにしないで下さい。偶然のない人生というのもあるのですから

(13)

心を平和に保ち、あなたの人生を貫いている明確なパターンを見いだしなさい。何事も偶然ではありません

(14)

貧となり富となるのは偶然ではない。富もよってきたる原因があり、貧もそうである。人はみな、財貸は富者のところに集まると思っているが、そうではない。節倹なところと、勉励するところに集まるのだ

(15)

人生の中には偶然という要素はまったく存在しない。人は、どんなときにも、自分が学び成長を遂げるために最適の場所にいる

(16)

リーダーを育てる意識なくして、偶然優秀なリーダーが出てくるのを待つのは難しいと思うんです

(17)

直観力と洞察力を高めることで、自分にとって意味のある偶然の幸運が日常的に身辺に起こるようになり、ひいては人生のスムーズなサイクルに乗っていきます

(18)

知性は素材を生み出すことは出来ない。素材は自然あるいは偶然の賜である。知性が役に立つのは、その素材をいかに信用するかという点にある

(19)

人生はすごろく遊びのごとき者にして、熱望せしさいころの目が出ずとも、偶然の出せしものを技術によりて修正せば可なり

(20)

恋とは自己犠牲である。これは偶然の依存しない唯一の至福である

(21)

進歩は偶然の出来事ではなく、必然である

(22)

シンクロニシティーを人生に呼び込むコツは、「本当に好きなことをやって生きる」ことです。「自分のハートを追いかける」といってもいいかもしれません。頭でいろいろ考えずに、直感に従って行動することです

(23)

不可知なるもの、それが人間であり、信じがたきもの、それが人生だ。人間の行為は即興の連続であり、人生は偶然から偶然へさまよっている

(24)

生は偶然、死は必然

(25)

人生とは偶然を必然にする過程である

(26)

人生において偶然に得たものは、また偶然に失うこともある

(27)

偶然は準備のできていない人を助けない

(28)

貧となり富となる。偶然にあらず、富も因て来る処あり、貧も因て来る処あり。人皆貨財は富者の処に集まると思へども然らず。節約なる処と勉強する所に集まるなり

(29)

こうしたしくみのいっさいを秘めている蒸留器のなかを、わたしはのぞいてみたわけではないが、しかし一定の法則は必ず存在するし、存在するはずだ。そこには偶然性などありえない

(30)

自分で引き寄せる出来事に偶然はないのだ。たとえそれが不愉快でも学ぶ必要はある。問題を直視するべきだ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存