低級な芸術家たちは、常に他人の眼鏡をかける。ロダンの名言

スポンサーリンク

(1)

最も美しい主題は君たちの前にある。なぜといえばそれらのものこそ君たちが一番よく知っているからである

(2)

自然は常に完全である。決してまちがわない。まちがいは我々の立脚点、視点の方にある

(3)

芸術とは、自然が人間に映ったものです。大事なことは、鏡をみがくことです

(4)

見ることと感ずることを知る者は、至る所に常に賛美すべきものを見出すだろう

(5)

芸術というものは自然の研究に過ぎません。自然です。何もかもそこにあります

(6)

少なくとも自然は、生命を更新するためにのみ死を役立てます

(7)

女の美は性格の中にあるのです。情熱の中にあるのです

(8)

もし仕事というものが、人間にとって生きることのあがないではなく、生きることの目的であったら、人間はどんなに幸福だろう

(9)

素描を通してのみわれわれは陰影の知識に到達する

(10)

美しさの極致は一人の女にだけあるのではない。すべての女にある。彼女たちはそれを知らないが、皆がこの美に到達するのだ。ちょうど果実が熟するように

(11)

壊れたギリシアの彫刻は、多くの傑作に分かたれた傑作です

(12)

フィディアスとミケランジェロの前には平伏せよ

(13)

私にとっては、この外気の中での美しい研究がありがたい。私の部屋は私を苦しめる。小さすぎ手足を痛める靴のようだ。そして都会… 美しい都会、幾度も言わねばならないが、私が自分を知る一切のものを学び得たのは野原や森の外気の中でのことである

(14)

結局芸術の唯一の原則は、見るものを模写することだ

(15)

凡庸な人間が自然を模写しても決して芸術品にはなりません。それは彼が「見」ないで眺めるからです

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存