優しさとは、相手の弱さを受け入れること

スポンサーリンク

(1)

人は何か一つくらい誇れるもの持っている。何でもいい、それを見つけなさい。勉強が駄目だったら、運動がある。両方駄目だったら、君には優しさがある。夢をもて、目的をもて、やれば出来る──こんな言葉に騙されるな。何も無くていいんだ。人は生まれて、生きて、死ぬ、これだけでたいしたもんだ

(2)

人は目に見えないものに心の支えを見つけたとき、たった一人でも立っていられる。強く一人で立っていられる自分になれたときに、他人にも優しさとか豊かさを与える自分になる

(3)

自分の欠点を直視し認めることです。ただし欠点に振り回されてはいけません。忍耐力、優しさ、人を見抜く目を欠点から学びましょう

(4)

貧しい人々のお世話をしている年月の間に、私は、彼らこそは人間の尊厳をよりよく理解している人たちだと思い知らされました。もしも彼らが問題を持っているとすれば、それは、お金がないという問題ではなくて、彼らが人間らしく扱われるべき権利と、彼らの持っている優しさが認められていないという事実なのです

(5)

自分で自分を弱虫だなんて思うな。人間、優しささえあれば、やらなきゃならねえことは、キッとやるもんだ。それを見て他人がびっくらするわけよ

(6)

この世界では、力よりも親切や優しさによって成し遂げられることの方が多いし、またその方がよりよい結果となる。欲求不満になっていると思う時は、力で何かを起こそうとしている場合が多い

(7)

わたしは傷を持っている でもその傷のところから あなたのやさしさがしみてくる

(8)

努力して、煩悩を抑えることが必要です。そうすれば、人間の心の奥底にある、美しく優しい心が必ず出てくるはずです。そうした美しい心を持って生きることができれば、たとえ物質的に恵まれていなくても、幸せを感じることができるのです

(9)

愛と優しい心を秘めた宝石箱を、友人が死ぬまで閉じっぱなしにしてはいけない。蓋を開けて友人の人生を甘美さで満たしてあげなさい。耳が聞こえ、心臓が感動で震えるうちに、楽しい朗らかな言葉をかけてあげなさい

(10)

自分の弱点をしっかり見つめてその姿を十分に知っておきましょう。でも弱点に支配されては駄目です。弱点から忍耐力と優しい心と物事を見通す力を教わりましょう

(11)

やさしい心の持主はいつでもどこでもわれにもあらず受難者となる。何故ってやさしい心の持主は他人のつらさを自分のつらさのように感じるから

(12)

相思相愛の二人のうち、より優しい心を持っているほうの人は、常にある程度だまされている人である。しかしその人は、相手よりもいっそう楽しみを受ける

(13)

大学を出ていなくても、正しい文法で話せなくても、人のために何かをすることができます。ただ、やさしい気持ちがあればいいのです。愛の心があればいいのです

(14)

自分自身に対して優しくしなさい。もし自分が自分の無条件の友にならなければ、一体誰がなってくれますか? 敵と戦っている時に、自分自身にも敵対しているとしたら、あなたは数の上でもう負けているのです

(15)

やさしく話しかければ、やさしく相手も答えてくれる

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存