優しさとは、相手の弱さを受け入れること part2

スポンサーリンク

(1)

美しいものは美しい心でながめ、優しいものは優しい心で接し、その日その日を送っていこう。過ぎてゆく月日を宝のように大事にして、一度きりの人生を全うしよう

(2)

春風をもって人に接し、秋霜をもって自ら粛む ー 人に対しては春風のように優しく爽やかに接し、自分自身に対しては秋の霜のように厳しく行動をただすこと

(3)

お金があるときは人に対して優しいが、お金がなくなると人に対して優しくなくなるのが人情の常である

(4)

自分を心から愛せるようになると、他人をもっと深く愛せるようになる。自分の欲求を敏感に察知できるようになると、他人にも大らかに優しくなれる

(5)

私の方針はね、人に優しく自分に優しくなの。だから、私は幸せなの。常識だとか皆が言うからとか関係ないの。我慢なんかしなくていいんだよ

(6)

傷付けられれば憎しみを覚える。人を傷付ければ恨まれ、罪悪感にも苛まれる。だがそういう痛みを知っているからこそ、人に優しく出来る事もある。人は痛みを知るからこそ成長できる

(7)

子供にははっきり言いたい。これからの時代は、人にたよるな。企業を信じるな。自分が強くなくちゃ生きていけない。そして、人間に対して限りなくやさしくあれ。それだけで充分生きていける

(8)

本を読んで想像力を養って、人に愛を感じて優しくする。もうそれだけで人間に生まれてきた価値があるんです

(9)

自分から人にやさしさを放出するのは、決して損ではないんですよ。いわば心をお風呂へ入れるようなもので、精神がぷわーと柔軟になり、気持ちがやさしくなる。心の動脈硬化がふせげるわけです

(10)

人には優しく、自分には厳しくよりも、人には優しく、自分にも優しくが大切です

(11)

一日一日を、たっぷりと生きて行くより他は無い。明日のことを思い煩うな。明日は明日みずから思い煩わん。きょう一日を、よろこび、努め、人には優しくして暮したい

(12)

幸福になりなさい。そうすれば、あなたは、立派になれるし、成功できるし、健康にもなれる。そして、他人に対しても、もっとやさしく感じ、やさしくふるまうことができるようになる

(13)

他人に対してもっとやさしく、もっと気を使い、もっと愛情を持つことです。他人のために自分を忘れること、そうすればその人たちはあなたを思い出してくれます

(14)

高い化粧品を買うのもけっこうですが、温かい心、優しい心を持ってください

(15)

愛は雨後の日光のように慰めるが肉欲の作用は晴天の後の嵐だ。愛の優しい春はいつもそのみずみずしさを保っているが、肉欲の冬は夏がまだ半ばも過ぎないうちにやってくる。愛は度を超してうんざりすることはしないが 肉欲は飽食して死ぬ。愛は真実一路だが、肉欲はこしらえものの虚偽にみちている

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存