涙の数だけ強くなれる。笑顔の数だけ優しくなれる。part2

スポンサーリンク

(1)

自然は優しく微笑む母のように、我々の夢を育て、空想を楽しませてくれる

(2)

人間性の中心にあるのは、わたしたちの日々を形づくる多くの何気ない優しい行いです

(3)

人は何かひとつくらい誇れるものを持っている。何でもいい、それを見つけなさい。勉強が駄目だったら運動がある両方駄目だったら君には優しさがある。夢をもて目的をもて、やれば出来る。こんな言葉に騙されるな。何もなくていいんだ人は生まれて生きて死ぬ。これだけでたいしたもんだ!騙されるな

(4)

さりげなく支えるのが本当の優しさだと思う

(5)

例え嫌いな人がいても、その人にも家族や友達や恋人がいる。その人達のことを考えると嫌いになんかなれない

(6)

「優しさ」は国際社会においては「弱さ」としか受けとられない

(7)

日本人は、インドのことよりも、日本の中で貧しい人々への配慮を優先して考えるべきです

(8)

愚かな。お前の弱さこそが、優しさという強さの裏付けであったものを。そう、規範なき強さなどただの暴力

(9)

偉大な人間は、群衆の只中で完璧な優しさを保ちながら、ひとりのときの意思を貫くのだ

(10)

弱き人こそ薄情である。優しさは強き人にしか期待できない

(11)

あなたがたの魂は、偉大なものをあまりにも知らない。だからあなたがたは、超人が優しさを見せたときにも、さぞ恐ろしいものと思うことだろう

(12)

色気の正体は、“上品な優しさ”。「この女はオレに恥をかかせない」「この男は絶対に私に恥をかかせない」そう相手に思わせる包み込むような優しさが、色気の本質なのです。衣服を着て後ろ姿であってもそれは漂うものです

(13)

あいつら、しゃくにさわるしな…。かといって、なかまはずれもかわいそうだし

(14)

相手が今何を求めているか、何に苦しんでいるかを想像することが思いやりです

(15)

優しさは本能ではない。閾値を持っている。閾値を下げることに全力を尽くす、自分を磨くことだ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存