革命を成功させるのは希望であり、絶望ではない

スポンサーリンク

(1)

人の歩みを止めるのは「絶望」ではなく「諦観(あきらめ)」人の歩みを進めるのは「希望」ではなく、希望を見つけようとする意思

(2)

希望とは、絶望の一形式である

(3)

絶望や失意の時こそ過去の自分を反省する絶好のチャンスでありまたとない飛躍の時なのだ

(4)

期待も絶望もあまりせず、あるがままを受けて立て。 あまりに虚像を捉えすぎる主観には、本当の汝が見当たらん。覚悟を決めねば、誰も一人きりの真実には向き合えず

(5)

あいつはひとり取り残される絶望を知っているそれをアルフォンスに味わわせる事はしない

(6)

人生には運命という一本道に絶望という落とし穴があり希望という非常口がある

(7)

希望があるからこそ絶望もある

(8)

決して絶望するな。たとえ絶望したとしても、絶望のうちからはじめよ

(9)

ああ、わたしは自己の最高の希望を失った高貴な人びとを知っていた。そのとき、かれらは一切の高い希望を誹謗する者と変わった

(10)

どんな小さな異常さえも起きない…そんな世界があるとしたら、それって、もの凄く異常だと思うんです

(11)

貧しい境遇に落ちた当時、わたしが周囲の人々に絶望しないでいるためにはかれらの生活や行動としてあらわれているものと、かれらが堕落していく原因との区別を学ばねばならなかった

(12)

人間というものは、一人でしゃべっていれば理性的な考えを持っているのに大衆の勢力圏に入ってしまうと、どうして失われるのかわからなかった。しばしば絶望した

(13)

死ぬ気で頑張れば何とかなる、なんて、もう立ち上がる気力も無い人にかける言葉じゃない。その重い言葉を背中に乗せて、絶望の淵に追いやるようなものだ

(14)

絶望は、人を過激にする。とくに、生まじめで思いつめる性質の人ほど、容易に過激化しやすい

(15)

個人でも国家でも同じだが、相手を絶望と怒りに駆りたてるほど痛めつけてはならない

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存