人間の偉大さは恐怖に耐える誇り高き姿にある

スポンサーリンク

(1)

世間では普通と違う人間を異常と呼ぶ。私はそう呼ばれることを誇りに思っている

(2)

そして、いつかわたしの賢さがわたしを見捨てるなら、ああ賢さは飛び去ることを好む!わたしの誇りが、そのときは、私の愚かさとともに空翔けてくれるように!

(3)

自分で成り上がった者の誇りが、息子を同じような道を歩ませより高い地位につけさせようとした

(4)

己れ自身にとって人間の中で最も困難な人間になることを試みなければならない。そして、そこにこそ誇りがあるのだ

(5)

建国記念日が日本のクリスマスである。この日を祝わずして何祝わう。大和民族の誇りを忘れている今の日本人は、残念ながら哀れ民族である。建国の精神に還れよ

(6)

日本代表としての誇り、魂みたいなものは向こう(フランス)に置いてきた

(7)

わたしはお前たちに、勇気と誇り高い精神を望むと同じくらいに、謙虚さと規律正しい振舞いを望む

(8)

親が子供に恥ずかしくない誇りある生き様を見せるのが、何よりの教育。子供は「親の背中を見て育つ」のです。親は子の鑑(かがみ)であり、子は親の鏡(かがみ)なのです。

(9)

仕事と誇りと情熱を持つ者同士にとって、多くの言葉は必要としない

(10)

人は、自分自身で最も誇りに思っていることを傷つけられると、悪魔に身を売ることさえ平気でやるものである

(11)

いくらお金があっても、地位が高くなっても、心に誇りのない人間は、つまらない人です

(12)

古代エジプト人もピラミッドを見上げて「すごい、立派だな」と感じました。何の役にも立たない石の塔から、自信や勇気や誇りを得ることができたのです。そういう面こそが、人間の人間らしいところではないでしょうか

(13)

俺たちが売る一番大事なもの、それは、Made in Japanの誇りだ

(14)

誇りと使命感を持つことが大事です。あと周りの期待と信頼に応えるべく努力することも必要です。重くても重くない、寒くても寒くない、辛くても辛くない、こういった熱くて強い気持ちを持つことがやはり大事だと思います

(15)

誇りと責任です。誇りをもたないといけない。誇りだけで責任がとれないのはだめです。それをしようと思えば、やっぱり努力しないといけない

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存