わたしは決して失望などしない。どんな失敗も新たな一歩となるからだ

スポンサーリンク

(1)

人間、生をうけた以上どうせ死ぬのだから、やりたいことをやってざっくばらんに生き、しかるのち、諸々の欲に執着せずに枯れ、そして死んでいくべき、という考え方だ

(2)

チャレンジして失敗を怖れるよりも、何もしないことを怖れろ

(3)

何事が起ころうとも、そこから利益を引き出す力は私の中にある

(4)

人間に必要なのは困ることだ。絶体絶命に追い込まれたときに出る力が本当の力です

(5)

君達は、生まれてきたのだから、生きていく力はあります

(6)

今日まで自分を導いてきた力は、明日も自分を導いてくれるだろう

(7)

人間は、人間である。位や、肩書や、富など、見せかけだけの飾りではないか!誠実な人間こそが、人間の王者なのだ!知恵の力と、ありのままの人間としての価値こそが、何よりも高い位なのだ

(8)

単純な言葉ほど力が強く、しかも、それを繰り返せば人々を容易に酔わせ、洗脳することができる

(9)

人間はやり通す力があるかないかによってのみ、称賛、又は非難に値する

(10)

世界には二つの力しかない。「剣」と「精神」の力である。そして最後は「精神」が必ず「剣」に打ち勝つ

(11)

私の理性と才能が、心よりも高く評価されている。しかし心こそ、私の唯一の誇りである。これだけが私にとって、あらゆるもの、あらゆる力、あらゆる幸福、あらゆる禍(わざわい)の源泉だ

(12)

軽信は大人の弱点であるが、子供にとっては力である

(13)

私が疑うことのできぬ唯一の勝利は、種子の力の中に宿る勝利だ。黒い大地の中に蒔かれた種子は、すでにして勝者だ。しかし、小麦に宿るその勝利に立ち会うためには、時の流れが必要なのだ

(14)

道遥かにして馬の力を知り、日久しくして人の心を見る

(15)

目の前に立ちはだかる現実を飛び越え、その先へ進むための意志や力を「夢」と呼びたい

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存