失言というのは、だいたいおせじから始まりますな

スポンサーリンク

(1)

後悔はあきらめたときに始まる。夢に向けてチャレンジしているかぎり後悔はない

(2)

別にゴールデンタイムみたいな仕事だけが偉いんやないんです。小さな世界でも、そこで必要とされることに意味がある。そこから始まっていくんですよ

(3)

自分への教育は、自分の無知を認めることから始まる

(4)

閉塞状況とは外に壁があるのではない。自分を変えようとしないところから始まる

(5)

人生の悲劇の第一幕は、親子となったことに始まっている

(6)

人生の脚本を書き、演じるのは自分なんです。誰かが書いた脚本を演じているのでは、あまりに寂しい。いかに楽しい脚本を自分で作るか。楽しい役を用意するか。仕事はそこから始まるべきなんです

(7)

書くことのカギは、とにかく何でもいいから書き始めることです。それが今までに書いた中で最悪の文章であってもかまいません。いい文章はほとんどすべて、へたな下書きからはじまると言っても過言ではないくらいです

(8)

終わりを慎むこと始めのごとくすれば、すなわち善し

(9)

成長カーブというのは、成熟しちゃったら終わりだと思われているよね。…でも、ここで頭を使うと面白いことが起こる。商品にしても事業にしても、成熟期というのは、じつは次世代のはじまりなんだ。革新を起こすには最適な時期なのさ

(10)

最初の呼吸が死の始めである

(11)

生はこれ死の始め、死はこれ生の終わり。生ぜざれば則ち死せず、死せざれば則ち生ぜず

(12)

人間は、心を改めて一大決心したそのときから、新しい人生が始まるのである

(13)

朝になると、今日が人生の始まりと思うの

(14)

青年の観念的な死への傾斜は人生の始まりであるが、一面から見ればその大部分がマヤカシであり、さもなければ病気である。病気は治さねばならない

(15)

生涯の終着点を生涯の出発点と結びつけることができれば、最も幸せな人といわねばならない

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存