変化こそ、機会の母である。自分を変えたい時に読みたい名言 part3

スポンサーリンク

(1)

変化を見る目とそれに適応できる能力が必然的に求められる。常に進化を求め、貪欲に欲求、欲望を持ち続ける。限定しないこと

(2)

変化に対応する能力を高めるには、「自分は誰なのか、何を大切にしているのか」を明確に意識することである

(3)

生き残る種とは、最も強いものではない。最も知的なものでもない。それは、変化に最もよく適応したものである

(4)

成功を祝うのはいいが、もっと大切なのは失敗から学ぶことだ。失敗にどう対処するかで、会社が社員の良い発想や才能をどれだけ引き出し、変化に対応していけるかがわかる。どんな会社にも、ミスをして、それを最大限活かしたことのある人が必要だ

(5)

過去は敬うが、崇拝はしない。過去をあまりに崇めると、変化に対応することはできなくなります

(6)

幸福な人生の秘訣とは、変化を喜んで受け入れること

(7)

変化する能力そのものが一つの競争優位性である

(8)

いつも固いのはもちろん固い。いつもくにゃくにゃとしているのもこれも固い。柔らかさとは変化の可能性の豊かさのこと

(9)

急激かつ予測不能な変化の時代にあっては、基本的なトレンドにのった戦略をもってしても、成功が保証されるわけではない。しかし、それなくしては失敗が確実である

(10)

変化への第一段階は受け入れることだ。いったん自分自身を受け入れたら、あなたは変化への扉を開けたのだ。あなたのすべきことはそれだけである。変化はあなたのすることではなく、あなたが任せることだ

(11)

我々一人ひとりが「変化の扉」の門番。その扉は、内側からだけ開けられる

(12)

私が見てきた人生の最高の成功者たちは、みな常に朗らかで希望に満ちた人々であり、仕事は笑顔で行い、人生に起こるさまざまの変化や機会を、楽しかろうと辛かろうと、男らしく堂々と迎える人々であった

(13)

リスクを冒し、思い切って自分の人生をかけて、新しい試みに乗り出した時、変化と成長が始まる

(14)

あえて他人と違うことをする人間がいなければ、私たちの世界はよい変化を遂げることなどできない

(15)

たとえ平凡な能力の人間でも、気が散るような娯楽や職をきっぱりとやめて、それまで学んできた計画に集中して実行するならば、目覚ましい変化を遂げて、人類の中で際立つ成功をおさめることができるだろう

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存