変化を起こせ。そして、歴史を変えよ。人生を変えたい時に読みたい名言 part4

スポンサーリンク

(1)

桶に汚れた水が入っているとき、きれいな水をたえず注ぎ込んでいれば、しばらくするときれいな水に変わります。これと同様に、健全な考え方をすれば、心に入っている否定的な考えをすべて、そこから押し出せるので

(2)

もし、あらゆるものをそのまま残したいのなら、そのあらゆるものを変えていく必要がある

(3)

クレオパトラの鼻がもう少し低かったら、世界の歴史は変わっていただろう

(4)

変化しつつあるものは何だろうか? 芸術でない。政治でない。我々の時代の家庭である

(5)

何の抵抗も受けないのは、実行されても痛くもかゆくもないということだ。いい提案というものは、現状の改革を伴うなど、何らかの変化を要求するから、少なからず抵抗を受けるものだ

(6)

このコップに、水が半分入っている。半分も入っていると思う人がいる。半分しか入っていないと思う人もいる。現象は同じなのに、「もある」と思うか、「しかない」と思うかは、その人の見方次第。幸せの感じ方も変わってくる

(7)

変わるものを変わらせまいとするのは無理な願いである

(8)

自分が巡り会うものに、それがたとえ悲しいことであったとしても、それにへこたれずに前を向いていこうという意志を持つこと。人間はやっぱり意志ひとつで変わる、人生は変わっていくと思うんです

(9)

死は存在しない。生きる世界が変わるだけだ

(10)

雲が流れるより速く、僕達は変わっていく。永遠に変わらないものなんてありえない

(11)

すべての物事は、プラスもマイナスもなく、ゼロでありニュートラルである。幸も不幸も存在しない。そう思う心があるだけ。見方を変えればすべてが変わる

(12)

変化するには、古い習慣を新しい習慣に置きかえねばならない

(13)

女性を愛し、大地は女性なのだと教えられ育ってきた男たちは、大地と女性を同じものだと考えている。それこそ本当の男なのだ。生命を産むのは女性である。女性が昔から感じとっていた眼にみえない大きな力との関係を男たちが理解し始めるなら、世の中はよりよい方向に変化し始めるだろう

(14)

愛とは相手に変わることを要求せず、相手をありのままに受け入れることだ

(15)

やってみたら、またべつの力も出てくる。人間は変わる。倍々ゲームみたいに、変わった分の大きさでまた変わるから、度合いがだんだん大きゅうなっていく

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存