不幸だと思わなければ結構幸せだったりする。不運を吹き飛ばす名言 part2

スポンサーリンク

(1)

不幸というものは、耐える力が弱いと見てとると、そこに重くのしかかる

(2)

非行少年は不幸少年でもある

(3)

恋に陥りし人間は、快楽と引き換えに不幸を手に入れん

(4)

人生は学校である。そこでは幸福よりも不幸のほうがよい教師である

(5)

不幸な結婚の半数は当事者の一方が憐憫の気持ちからする気になった結婚です

(6)

些細なことで悦びをもちえることは、子どものみではなく、不幸な者の高貴な特権である

(7)

人間は愛されなかったがゆえに愛を必要とする。しかし愛を必要とするがゆえに人々から愛されなくなってしまう。不幸な人は一生不幸でありつづける傾向にある

(8)

不幸はこれを語ることによって、軽くすることができる

(9)

不幸せな女は、百メートル先からでもわかる

(10)

人間の心や意志というのは、けっして自由ではない。煩悩に縛られ、がんじがらめにされているのです。それが不幸の根本です

(11)

人生は短いから、不幸になってる暇なんてないのよ

(12)

もし五十歳まで生きて、山を登り続けることができるのなら、俺は下界での人生がどんなに不幸であってもいいよ

(13)

不幸なら不幸なほど、人は私は幸せという幻想にしがみつきます

(14)

愛国心は、国境を背にして初めて芽ぐんでくる。ことに異国にあって祖国の不幸を見やるときに

(15)

私は、現代における政治というものが、多くの詩人にとって大きな不幸になっていると思う。政治という女は、詩人を彼女の山に誘い込むヴィーナスであり、その山の中で詩人は破滅してしまうのである

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存