真の友情は、災難に遭遇した時にはじめてわかる。不運を吹き飛ばす名言

スポンサーリンク

(1)

人間関係における不幸や恨み、悲しみなどは、笑いによって癒される

(2)

愛される者の生活は、不幸で危険が多い。だが愛する者の生活には危険がない

(3)

人と比べたときから不幸が始まり、あと先を考えることから不安が生まれる

(4)

この世の不幸は、良い習慣をあきらめるほうが、悪い習慣をあきらめるよりも、ずっと簡単だということにある

(5)

人類の義務の為に一日の快楽を犠牲にできぬ者に禍あれ

(6)

不幸 ー それはただ黄金をためす火にすぎない

(7)

不幸は続いてやって来る

(8)

子供は苦労を和らげる。しかし不幸を一段とつらいものにする。子供は人生の煩いを増す。しかし、死の思いを和らげる

(9)

人生における悲劇は、目標を達成しなかったことにあるのではない。それは人生に目標を持たなかったことにある

(10)

優れた人間の大きな特徴は、不幸で苦しい境遇にじっと耐え忍ぶことにある

(11)

世の中には、沢山の幸福に恵まれながら、たった一つの不幸のために、自分を非常に不幸な人間だと思っている人もあるし、それかとおもうと、不幸だらけの人間でありながら、自分で何かの幸福を見つけ出して、勇ましく戦っていく人もある

(12)

時代の精神を持たぬものは、その時代のあらゆる不幸をになう

(13)

災いはナイフのようなものだ。その刃をにぎるか柄をつかむかで、私たちの役に立ったり、私たちを傷つけたりする

(14)

不幸や不運などには実体がない。それは人の心の中のみに存在する

(15)

自分自身の、そして他の人々の人生に意味を見いだせない人は、単に不幸であるばかりでなく、生きるのに向いていないと言えましょう

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存