自然体。それが一番だよ。不安を振り払いたい時に読みたい名言 part2

スポンサーリンク

(1)

不安?恐れ?心配?そんなもの常にあるよ~、そりゃ。でも、やるけどね

(2)

不安も悩みもない人なんて、いやしない

(3)

私は一週間のうち二日だけ、決して思いわずらうことのない日がある。恐れや不安におかされることのない、屈託のない二日。一日は昨日…そしてもう一日は明日である

(4)

人間は不安や心配で、二十分もあればヘナヘナになってしまう

(5)

オフィスに入ったら、最初に一番面倒な仕事から片付けること。そうすれば、ストレスも不安も減ります。その日はもう、そのことを考えずに済みますからね

(6)

つらい時、私は「まわりの人を”ゴミ箱”にしない」ことを心がけています。自分のつらい思いや悲しい思いを人に投げつけることは、その人をゴミ箱にするのと同じです。だからすごく不安で怖い時にも、その気持を口にすることはありません

(7)

不安があるということは理想があるということ。不満があるというのは進化できるということ。転んだ時こそ、何に転ずるかが重要です

(8)

自分が避けているものが何であれ、それに取り組むことだ。不安に対する最善の対抗手段は、行動なのである

(9)

漠然とした不安は、立ち止まらないことで払拭される

(10)

シンプルに考えればさ、人間なんて、喰って寝て愛するだけで、充分幸せになれるのかも、って想う。俺たちの生活は、複雑になりすぎてるのかもしれない

(11)

不安にならないのは、失敗もまた人生と思っているからです。失敗は「そっちには手を出さないほうがいいよ」と、神様が示唆してくれている

(12)

常に迷いも不安もありましたよ。それは当然です。何かを決断するとき、振り子は必ず振れる

(13)

獣には時の観念がない。獣には「昨日はよかった」も「明日はなんとかなるだろう」もない。獣にあるのは「今」と「ここ」だけだ。だから、迷わない。不安もない

(14)

私は、新しい事業を始める時に、疑問や不安を抱いたことは一度もありません。だからといって、いつも順調な航海を期待している訳ではありません。実際のところ、一歩進むごとに壁に当たることを予想しています。しかし私は一抹の不安も抱きません。それは、事業が成功することも、成功へ至るプロセスも、明確に見えていなければ、決してその事業に着手しないからです

(15)

自分探しってなんだよ。世界にたったひとりしかいない本物の自分を、自分が探してどうすんの

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存