退路も進路のひとつ。不安を振り払いたい時に読みたい名言 part2

スポンサーリンク

(1)

誰にも言えない悲しみを
一人で抱えて来たんだね
孤独も不安も寂しさも
心に閉じ込めて
何度も何度も躓いて立ち上がる度
きっと強くなってる
どんなに苦しい時だって
心のままに進んでいけばいい

(2)

不安がないのはたかをくくっているからで、取り返しのつかない失敗を招き寄せる。初心を忘れない人は不安の効用をよく知っている

(3)

不遇なとき、不本意なとき、不安なときこそ、未来を信じて、気持ちをぐらつかせないことだ。そのとき得たものが、自分の人生の核になる

(4)

人は変化で何かを失うことを恐れるけれど、変化はすでに手の中にあるものの新たな価値に気づくチャンス。やってみてダメだったとしても、見えてくるものがある

(5)

深呼吸して、落ち着いて、いま心に何が起きているのか感じとろうと心がけましょう。怒り(不満)、求めすぎる心(欲)、よからぬ妄想(不安・心配・疑い)がないか。心のぶれ、苦しみの源。これらを素直に観察することを心の習慣にしましょう

(6)

チャレンジって、常に危険と隣り合わせです。僕だってごく普通の人間ですから、不安とは常に隣り合わせです。でも「もうこのぐらいでいいだろう」とは絶対に思いたくないんです

(7)

楽しさというのは、その人の能力とやろうとしている事のバランスがとれている時に最も感じられるはずです。それはちょうど、不安と退屈の境目です

(8)

「不安」がエネルギーになっている気がします

(9)

人と比べたときから不幸がはじまり、あと先考えることから不安が生まれる

(10)

ところであなたが恐がっているものは何だろうか。あなたが引き止めているものは何だろうか。前方をさえぎっているものはなんだろうか。それをやってみることだ

(11)

何かことを始めるにあたって、度の過ぎたものでない限り不安は持ったほうがいい。不安は様々な局面を想定させ、それへの備えを整えてくれる

(12)

不安ていうのは、他人を巻き込む力が強いんです。だから、不安の強い人は、なんとなく嫌われることが多い

(13)

強く 強く 光続けてる 太陽のようになりたい 迷い 不安 にがい涙さえ すべてを愛してゆけるように

(14)

(18歳で)ドイツに渡ったときの所持金は18万円。留学先も実は決まっていなくて、最初は観光ビザしか持っていなかった。その後、何度も危機にさらされた。それでも何とか乗り越えてきた。あのころの不安に比べれば、今の怖さ、不安なんてたかが知れている

(15)

自分の志がない人間、自分が歩く道を知らない者は、つねに不安にある

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存