批判はプラスに捉えよ。批判に関する名言

スポンサーリンク

(1)

何が嫌いかより何が好きかで自分を語れよ

(2)

信頼関係の無いところでの批判は、相手の怒りを生み出すだけです

(3)

老害も私の批判の対象。しかし、老害がお客だったり、上司だったりする。その場合、うまく利用して自分の目標に向かうのだ。それが老害を迂回し、老害を無力化する早道だ

(4)

権力者は7割の批判に甘んじなければいけない

(5)

「今の若者は内向き」と言って嘆くなら、あなたが率先して「外向き」の手本となり、その魅力とメリットをアピールしたらどうだろう? なんだかんだ言っても、若者は年配者の背中を見て、生き方を決めている。その姿に本当に魅力を感じれば真似するものだ

(6)

僕は批判をマイナスな事だととらえていない。批判は僕にとって「良い事」です。なぜなら僕の事をちゃんと見ていてくれる証だから

(7)

僕が評価や批判をするときには、僕なりの定義がある。それは“自分が経験したことがあること”についてなら、評価や批判をしてもいいというもの

(8)

どんな批判が来ても、その本質をしっかり受け止めて感謝できるようになると、あなたはより自由に人生を生きられるようになります

(9)

相手を批判するより、自分が見本になった方が、相手は気づく

(10)

理性は科学というものをいつも批判しなければいけないのです。科学というのは、人間が思いついた一つの能力に過ぎないということを忘れてはいけない

(11)

やたらと批判する人は攻撃欲求が強い、とよく言われる。だがたいていの場合は、批判することで自分の存在をアピールしたいだけなのだ

(12)

最もすぐれた兵士とは、赤軍においては断じて、最も従順で不平を言わない兵士のことを指すのではない。逆に、最もすぐれた兵士とは、何事においても、他の兵士よりも鋭く、注意深く、批判的な兵士だろう

(13)

批判は、事が行われている時にすべきである。いつでも事が済んでから批判する癖をつけてはいけない

(14)

おしるこに塩を入れる。砂糖の甘さを引き立たせるためである。批判はこの塩みたいなものである

(15)

批判するのは楽だけど、賛成するのはもっと楽

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存