馬鹿からの賛同は批判よりも迷惑である。批判に関する名言 part2

スポンサーリンク

(1)

正しい選択をしているという自信は、なかなか持てませんよね。だからこそ私は今、この瞬間を頑張って少しでも後悔のない道を進みたいと思っています

(2)

人が私をどう見ているかは気にしない。他人の期待に振り回されていたら、結局は間違った選択しかできないでしょう

(3)

なぜ大舞台でゴールを決められるのかと聞かれても、理由はわからない。ただ、ほめられてもけなされても、いつも自分を信じてプレーをしている。信じる気持ちが緊張をほぐし、豊かなイマジネーションにつながるのだろう

(4)

十年一日のような考え方をしていては、その変化に取り残されてしまう。自分の経験だけで野球を判断し、指揮しているようでは、とうてい勝利は望めない。つねに革命は必要である

(5)

この世で一番むずかしいのは、新しい考えを受け入れることではなく、古い考えを忘れることだ

(6)

生きる技術とは、トラブルを排除することよりは、それとともに成長することにある

(7)

頑張ってない奴に頑張ってる奴のこと悪く言う資格なんてないんだよ。文句言うなら頑張ってみろよ

(8)

中傷ばかりする奴らとやりあって一つ学んだ事がある。奴らは攻撃する相手が 後ろを向いている時だけ強気なんだ

(9)

人はみんなそれぞれ異なる事情を抱えている。だから、簡単に馬鹿にしたり、簡単に分かった気になるな

(10)

一つの力を養ったら二の欲を出せ。二の力を得たら三の欲を出せ。人間は決して小成に甘んじてはならない。だが、小成を馬鹿にしてはならぬ

(11)

少ししか知らない人間ほど、たいていは、多くしゃべる

(12)

何かにケチをつける喜び。それを味わうと、何か良いものに心動かされる喜びが、私たちから、奪われてしまう

(13)

あなたの心が苦いとき、決して、あなたの舌を信じないように

(14)

自分自身と、自分の能力を信じるようになれば、誰かに拒絶されても挫けずに進んでいける

(15)

生きていると間違いを犯したり、人から嫌な思いをさせられたりすることもある…でもそんな中でも前向きに生きなきゃいけない。強くあり続け…自分が良い方向へ向かうように学ぶこと

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存