子供には批評よりも手本が必要である。批判に関する名言 part2

スポンサーリンク

(1)

人間、批判されはじめたら一人前になったということさ

(2)

あなたが力があるから批判される。無力な小さな子供は批判されない

(3)

道徳とはおそらく、意地悪さのもっとも残酷な形態である

(4)

苦労が人間を気高くするというのは、事実に反する。幸福が、時にはそうすることはあるが、苦労は大抵、人間をけちに意地悪くするものなのだ

(5)

批判されたくないなら、何もせず何も言わなければよい。しかし、それは生きていないのと同じことである

(6)

子供は、批判されて育つと、人を責めることを学ぶ

(7)

もうよい、意地の悪い運命の女神に悲しみの涙を施して、これ以上つけあがらせることはない。我々を苦しめに来るものを快く迎えてやれ。それに平然と堪えている風を見せて逆にそいつを苦しめてやるのだ

(8)

人は、知らない人間に対しては冷たく批判的になる

(9)

革命も恋も、実はこの世で最もよくて、おいしい事で、あまりいい事だから、おとなのひとたちは意地わるく私たちに青い葡萄だと嘘ついて教えていたのに違いない

(10)

我々は伝統の中に生きている。しかし、それに批判的でなければならない

(11)

行為する者にとって、行為せざる者は最も過酷な批判者である

(12)

意地の悪い人を見ても驚かないが、彼らが恥ずかしがらないのを見ると、びっくりするときがしばしばある

(13)

悪口は意地悪な人による慰めである

(14)

政府を批判しない新聞は存在する意味がない

(15)

何をやろうとしても、あなたは間違っていると批判する者がいる。その批判が正しいと思わせる多くの困難がたちはだかる。計画を描き、最後まで実行するには、勇気がいる

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存