貧乏は呼べばいつでも来る。皮肉に関する名言

スポンサーリンク

(1)

人に、天才や馬鹿なんて無い、その差を決め付けているのは自分自身だ

(2)

失敗によって得られるものは成功では無く、同じ失敗を繰り返さない方法である

(3)

自信は持つには重すぎる。そして弱い人間が挙って持ち上げようとする。そんな人が持っていても疲れてすぐに置いてしまうだろう

(4)

自分の子に言われました。お父さんも学生の頃、勉強好きだったでしょ、と

(5)

定義が無く、必要に応じて簡単に扱える存在。人はそれを友達と呼ぶ

(6)

「人生は捨てたもんじゃないよな」「拾えたものでもないけどね」

(7)

正確に観察する能力は、それを有していない人間から皮肉と呼ばれる

(8)

安い席の人は拍手を、高い席の人は宝石をジャラジャラ鳴らして下さい

(9)

男性全体を罵言し、彼らの欠点を洗いざらしにしても、それに抗議を申し込む男性はいないが、女性について少しでも皮肉を言おうものなら、すべての女性は一斉に立ち上がって抗議する。女性というものは、一国民・一宗派を形成している

(10)

判断するときは皮肉を避けなければならない。精神のあらゆる性向のうちで、皮肉が最も聡明からは遠い

(11)

巨大な「もし」を考えるとき何より必要なのは、この構想力なのである。歴史に「もし」は禁句だ、などと歴史家がいうのは、自分にそういう構想力が欠けていることをかくすためではないか、と私など皮肉の一つもいいたくなるというものである

(12)

二度と会いたくない男には、こうおっしゃい。 「愛しています。結婚して下さい。子供が欲しいのです」と。 男は車を急発進させて逃げていくでしょう

(13)

もっとも驚くべき記憶力は恋する女の記憶力である

(14)

芸というものは、実と虚との皮膜(ひにく)の間にあるものなり

(15)

失敗は皮肉で狡猾な手品師のようだ。あと少しで成功というときに失敗でつまずかせることに、大いなる喜びを覚えるのだ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存